Immunochemotherapy: がん治療の未来

Immunochemotherapy(免疫化学療法)の将来性について解説した Webinar(ウェブを使ったセミナー)です。

癌を研究テーマとしている細胞生物学、薬理学、免疫学などの基礎研究の研究者、そして癌の治療に取り組む臨床医は皆、癌を理解し、解明し、そして治療につなげようとそれぞれ努力を続けています。しかしながらこれまでこれら分野間、研究者間での協調が十分であったとは言えないかもしれません。しかしながら“Immunochemotherapy” の研究、および治療法の開発においては、このような協調が非常に重要です。この Webinar ではこの点についても述べています。



内容

  • 癌免疫療法について
  • さまざまな研究分野の協調
  • 腫瘍による免疫抑制を回避するためには
  • 4th International Conference on Immunochemotherapy の概要


演者について

Prendergast 博士は Princeton University で分子生物学の学位を取得した後、HHMI、Merck Research Laboratories、The Wistar Institute において研究に取り組んでいました。

1999 年 Cancer Research at DuPont Pharmaceuticalsのシニア・ディレクターに就任した後、2002 年研究チームごとフィラデルフィア郊外にあるLankenau Institute for Medical Research へ移りました。現在同研究所の教授兼 CEO を務めています。

2010 年には癌研究の分野において最も引用されて雑誌でありまた AACR のフラッグシップ・ジャーナルである、Cancer Research のチーフエディターに任命されました。


登録