グリア細胞マーカー

グリア細胞とは脳神経系を構成する細胞のうち、神経細胞(ニューロン)ではない細胞の総称であり、中枢神経系と末梢神経系のどちらにも存在します。神経細胞に比べて長らく軽視されてきましたが、近年さまざまな機能を持つことが明らかになり、注目を集めるようになっています。グリア細胞にはアスト ロサイト、オリゴデンドロサイト、シュワン細胞などがあります。脳組織を構成する細胞の中でもっとも数が多いアストロサイトは、血液脳関門の構成と維持、神経伝達物質の取り込み、シナプス周辺環境の維持などの役割を持つことが知られていましたが、現在ではそれらに加え、オリゴデンドロサイトの髄鞘形成促進や シナプス可塑性にも関係することが明らかになっています。またオリゴデンドロサイトおよびシュワン細胞はミエリン髄鞘の形成と維持に、ミクログリアは免疫 監視機構や食作用(ファゴサイトーシス)に、グリア上衣細胞は脳脊髄液の生成と循環に、それぞれ重要な役割を果たしています。これら各グリア細胞の機能および特異性を研究する上で、マーカー抗体で選択的に染色することは非常に有用です。


ニューロン・マーカーについてはこちら

  • All
  • Articles

神経マーカー・ガイド

636657449800000000

シュワン細胞マーカー

636207464260000000

登録