All tags Secondary antibodies アブカムなら二次抗体も安心です

アブカムなら二次抗体も安心です

ターゲット以外のイムノグロブリンとの交差反応を定量的に示した二次抗体をラインアップしています。

ウエスタン・ブロッティング、免疫組織化学染色(IHC)、ELISA などで標識二次抗体を用いた間接法を行なう場合、特異性と再現性が高い実験結果を得るためには、信頼できる二次抗体を選ぶことが大切です。

アブカムの未標識、HRP 標識、Biotin 標識二次抗体にはそのデータシートに、ターゲット動物種以外のイムノグロブリンとの交差反応性など、次のようなデータを掲載している製品が数多くあります。

  • ウエスタン・ブロッティングなど、広く行なわれているアプリケーションでの性能確認試験のデータを掲載しています。他社同等品との比較試験の結果を掲載している製品もあります。
  • 主要な動物種のイムノグロブリンとの交差反応性を数値で示しています。

未標識HRPBiotin
Goat anti-Rabbit IgG H&Lab182016ab205718ab207995
Goat anti-Mouse IgG H&Lab182017ab205719ab207996
Goat anti-Rat IgG H&Lab182018ab205720ab207997
Goat anti-Chicken IgY H&Lab182019ab205721ab207998
Donkey anti-Rabbit IgG H&Lab182020ab205722ab207999
Donkey anti-Goat IgG H&Lab182021ab205723ab208000
Donkey anti-Mouse IgG H&Lab182022ab205724ab208001

他社同等品との比較の例

Goat anti-Rabbit IgG H&-HRP(ab205718)を他社同等品(A.血清吸着処理なし、B.血清吸着処理済み)と、一次抗体反応なしのウエスタン・ブロッティングで比較。ab205718 は他社同等品よりもバックグラウンドが非常に低かった。

サンプル

Lanes 1, 5, and 9: Human spleen lysates (10 μg)

Lanes 2, 6, and 10: Human heart lysates (10 μg)

Lanes 3, 7, and 11: Mouse spleen lysates (10 μg)

Lanes 4, 8, and 12: Mouse heart lysates (10 μg)

方法

This blot was produced using a 4-12% Bis-tris gel under the MOPS buffer system. The gel was transferred onto a nitrocellulose membrane and then blocked for an hour using 2% Bovine Serum Albumin before being incubated with secondary antibodies at 0.05 μg/ml. Any non-specific background binding was detected following membrane incubation in ECL (ab133406) and 20 minute exposure.

Goat anti-Rat IgG H&L-HRP(ab205720)と他社同等品を、一次抗体に Anti-Tubulin ラット・モノクローナル抗体(ab6161)を用いたウエスタン・ブロッティングで比較。ab205720 は、他社同等品よりもバックグラウンドが低く、特異性が高かった。

サンプル

Lanes 1: Liver (Human) tissue lysate (10 μg)

Lanes 2: Liver (Mouse) tissue lysate (10 μg)

Lanes 3: Liver (Rat) tissue lysate (10 μg)

Lanes 4: HeLa whole cell lysate (10 μg)

Lanes 5: NIH 3T3 whole cell lysate (10 μg)

Lanes 6: PC12 whole cell lysate (10 μg)

方法

This blot was produced using a 4-12% Bis-tris gel under the MOPS buffer system. The gel was transferred onto a nitrocellulose membrane and then blocked for an hour using 2% BSA before being incubated with ab6161 overnight at 4C. Antibody binding was detected using ab205720 secondary antibody or a equivalent product from a competitor at 1/5,000 following membrane incubation in  ECL (ab133406) and 15 seconds exposure.


登録