Cdk-cyclin 複合体による細胞周期の制御


細胞周期の進行には、Cyclin(サイクリン)と Cdk(Cyclin-dependent kinase; サイクリン依存性キナーゼ)の複合体の存在が不可欠です。ヒトでは細胞周期に関与する、11 種類の Cyclin と 4 種類の Cdk が知られており、それらがさまざまな組み合わせで複合体を形成し、細胞周期を制御します。またそれぞれのがんやアポトーシスへの関与も異なるとされています。

Cdk-cyclin 複合体の働きをブロックするタンパク質はいくつか知られていますが、p21 はその代表的なものです。P21 は Cdk-cyclin 複合体へ結合することによって Cdk のリン酸化能を失わせ2、結果として細胞周期を停止させます1。ここでは各種 Cyclin および Cdk、そして p21 をはじめとした、細胞周期に関連する因子を研究するためのツールをご紹介します。







Cdk1 (Cdc2, p34Cdc2)

CdK1 は Cyclin B と CdK1-Cyclin B 複合体(M-phase promoting factor; MPF)を形成し3、細胞周期を G2 期から M 期に移行させます2。T14、Y15、T161 がすべてリン酸化された Cdk1 は不活性型ですが、フォスファターゼ Cdc25 によって T14 と Y15 が脱リン酸化されると活性化します7。Cdk1 の不活性化は細胞停止を招き、アポトーシスの誘導につながります。

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

CDK1 ウサギ・モノクローナル抗体

交差種: Hu                            アプリケーション: ICC/IF, Flow Cyt, WB, IP, IHC-P

ab133327

CDK1 (pY15) ウサギ・ポリクローナル抗体

Y15 がリン酸化されている Cdk1 は不活性型である4

交差種: Hu, Mo, Rt                      アプリケーション: WB, ELISA

ab47594

CDK1 (pT14)ウサギ・ポリクローナル抗体

T14 がリン酸化されている Cdk1 は不活性型である4

交差種: Hu, Mo, Rt                      アプリケーション: WB, ELISA

ab58509

CDK1 (pT161) ウサギ・ポリクローナル抗体

T161 のみがリン酸化されている Cdk1 は活性型である(Cdk-cyclin B1 複合体は安定化している)5

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: WB, ELISA

ab194874

キット

CDK1 SimpleStep® ELISA kit

90 分で結果が得られる定量キット。

交差種: Hu                            測定範囲: 93.75 pg/ml - 6000 pg/ml
測定方法: 比色法

ab212162

低分子化合物

Ro-3306

特異性が高い可逆的 Cdk1 インヒビター(Ki = 35 nM Cdk1/cyclin B)。

ab141491

Bleomycin

G1/S, G2M ブロッカーで、細胞周期の有糸分裂を抑制し、Cyclin B1-Cdk1-p21 複合体が蓄積する2

ab142977

Cdk インヒビター製品一覧


Cyclin B1

Cyclin B1 量は G2 期進行中に上昇し、Cdk1 と複合体を形成し6、細胞周期を M 期に移行させます7

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cyclin B1 ウサギ・モノクローナル抗体

https://res.cloudinary.com/abcam/image/fetch/f_auto,q_auto,w_auto,dpr_auto/https://a.static-abcam.com/images/ko-validated-small-jp.png

交差種: Hu                            アプリケーション: WB, IHC-P, Flow Cyt, ICC, IP

ab32053

Cyclin B1 (pS126) ウサギ・モノクローナル抗体

S126 リン酸化 Cyclin B1 は T57 リン酸化 P21 へ結合し、細胞周期の G2/M 期への移行を促進する8

交差種: Hu                            アプリケーション: IP, WB

ab133439

低分子化合物

Paclitaxel (Taxol)

Cyclin B1 が過剰発現した癌細胞は、Paclitaxel 感受性が高い9

ab120143

Leptomycin B

Cyclin B1 の核内の蓄積を促進し、核外への流出を防ぐ10

ab120501

Cdk 標識抗体製品一覧


Cdk 2 (CDKN2, p33)

CdK2 は Cyclin E と CdK2-Cyclin E 複合体を形成し、細胞周期を G1 期から S 期へ移行させます。しかしながらこの複合体に Cdk インヒビターである p21 が結合すると、S 期に移行しなくなります(G1/S 期チェックポイント)。これは DNA に傷害を受けた細胞のがん化を妨げる、重要な機能です11

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cdk2 ウサギ・モノクローナル抗体

https://res.cloudinary.com/abcam/image/fetch/f_auto,q_auto,w_auto,dpr_auto/https://a.static-abcam.com/images/ko-validated-small-jp.png

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: ICC/IF, IP, WB, Flow Cyt, IHC-P

ab32147

CDK2 (pY15) ウサギ・モノクローナル抗体

Tyr15 は Wee1 キナーゼによってリン酸化され、Cdc25 によって脱リン酸化される。Tyr15 がリン酸化されている Cdk2 は不活性型である12

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: IHC-P, WB, IP

ab76146

CDK2 (pT14) ウサギ・モノクローナル抗体

Thr14 は Myt1 キナーゼによってリン酸化され、Cdc25 によって脱リン酸化される。Thr14 がリン酸化されている Cdk2 は不活性型である12

交差種: Hu, Rt, ChHa                     アプリケーション: WB, IP, IHC-P, ICC

ab68265

CDK2 (pT160) ウサギ・モノクローナル抗体

T161 のみがリン酸化されている Cdk2 は活性型である12

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: IHC-P, WB

ab194868

低分子化合物

Flavopiridol

Cdk2 インヒビター(IC50 = 100 nM at 400 μM ATP)13

ab141300

Roscovitine

Cdk2、Cdk5、Cdc2 の選択的インヒビター(IC50 = 0.7 μM)14

ab141847


Cyclin E1 

Cyclin E1 は Cdk2 と Cdk2-Cyclin E1 複合体を形成し、Rb タンパク質をリン酸化することによって E2F 転写因子を放出し、細胞周期を S 期へと移行させます15

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cyclin E1 ウサギ・モノクローナル抗体

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: IHC-P, WB

ab33911

低分子化合物

Sorafenib

キナーゼ・インヒビターで、Sorafenib 耐性癌においては、Cyclin E1 の発現は抑制されない16

ab141966


Cyclin A

Cyclin A には胚細胞特異的な Cyclin A1 と、体細胞に存在する Cyclin A2 があります。Cyclin A は Cdk2 と Cdk2-cyclin A 複合体を形成し、S 期の進行に必要で、DNA 二重鎖の切断修復において重要な働きを担います17。なお Cyclin A1 のプロモーターは転写因子 p53 によって活性化されます。

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cyclin A1/A2 ウサギ・モノクローナル抗体

交差種: Hu                                                                    アプリケーション: WB, IHC-P, IP

ab185619

Ku70 ウサギ・モノクローナル抗体

Ku70 は Cdk2-Cyclin A1 と相互作用することによって、DNA 修復に関与する17

交差種: Hu                                                                    アプリケーション: WB, IP, IHC-P, Flow Cyt, ICC/IF

ab92450


Cdc25c

Y15 または T14 がリン酸化された Cdk2 は不活性型ですが、Cdc25c によって脱リン酸化されることによって活性化し、細胞周期を進行させます18

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cdc25C ウサギ・モノクローナル抗体

https://res.cloudinary.com/abcam/image/fetch/f_auto,q_auto,w_auto,dpr_auto/https://a.static-abcam.com/images/ko-validated-small-jp.png

交差種: Hu                                                                    アプリケーション: WB, IHC-P, ICC/IF, Flow Cyt, IP

ab32444

低分子化合物

NSC 663284

Cdc25 選択的インヒビター(Ki = 89 nM for Cdc25C)19

ab144408

Gossypin

Cdc25 アクチベーターで、chk1/Cdc25c 系を解して G2/M 移行を阻害し、がん細胞の増殖を阻害する20

ab145623

ライゼート

Cdc25C Lysate

Cdc25 強制発現させた 293T 細胞のライゼート。ウエスタン・ブロッティングにおけるコントロールとして使用できる。

ab94219


Cdc6

Cdc6 は G1 期において増加し、Cdk2-Cyclin E 複合体を介して DNA 複製開始を制御します21

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cdc6 ウサギ・モノクローナル抗体

交差種: Hu                                                                    アプリケーション: WB, IHC-P, ICC

ab109315

Cdc6 (pS54) ウサギ・モノクローナル抗体

Cdc6 の S54 リン酸化は、ユビキチン・リガーゼ APC/C による Cdc6 の分解を妨げる22

交差種: Hu                                                                    アプリケーション: WB, ICC/IF

ab75809

Cdc6 (pS106) ウサギ・モノクローナル抗体

Cdk2-Cyclin E リン酸化は G2 期の抑制によって引き起こされる23

交差種: Hu                            アプリケーション: WB

ab76422

CRM1 ウサギ・モノクローナル抗体

CRM1 は Cyclin B1 核外輸送を制御する10

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: IHC-P, Flow Cyt, ICC/IF, WB

ab191081

低分子化合物

MG-132

プロテオソーム・インヒビターで、Cdc6 の迅速な蓄積を引き起こすが、その作用は Cycloheximide で回復できる。また MG-132 は Cdc6 の分解と局在性確認に有用である24

ab141003


Cdk4/6 および cyclin D1/2

Cdk4/6 および cyclin D1/2 は効率的な細胞増殖に必要な因子であり、腫瘍形成に関与するとされています25。Cyclin D2 は Cdk4 と Cdk6 が存在しない状態下では Cdk2 に結合して作用を発現するが27、それは p21 の発現量増加によって阻害される26

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Cdk4 ウサギ・モノクローナル抗体

https://res.cloudinary.com/abcam/image/fetch/f_auto,q_auto,w_auto,dpr_auto/https://a.static-abcam.com/images/ko-validated-small-jp.png

交差種: Hu                            アプリケーション: WB, IHC-P, Flow Cyt, ICC/IF

ab108357

Cdk6 ウサギ・モノクローナル抗体

https://res.cloudinary.com/abcam/image/fetch/f_auto,q_auto,w_auto,dpr_auto/https://a.static-abcam.com/images/ko-validated-small-jp.png

交差種: Hu                            アプリケーション: Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, WB

ab124821

Cyclin D1 ウサギ・モノクローナル抗体

交差種: Hu, Mo, Rt                       アプリケーション: WB, IP, ICC/IF, IHC-P

ab134175

Cyclin D2 ウサギ・モノクローナル抗体

交差種: Hu                            アプリケーション: ICC/IF, IP, WB

ab207604

キット

Cyclin D1 SimpleStep ELISA® kit

細胞または組織中の Cyclin D1 を定量するキット。

交差種: Hu                            測定範囲: 187 pg/ml - 12000 pg/ml           測定方法: 比色法

ab214571

低分子化合物

Palbociclib

きわめて強力な Cdk4/6 インヒビター(IC50 = 11 nM and 16 nM for Cdk4/6)28

ab218118

Fascaplysin

ATP 競合 CDK4 インヒビター(IC50 = 350 nM)29

ab146177


Rb(Retinoblastoma protein; 網膜芽細胞腫タンパク質)

Rb は E2F 転写因子と複合体を形成し、細胞周期を停止させます30。この Rb は Cdk2 および Cdk4/6 によってリン酸化されることによって不活化されます。p21 は Cdk のリン酸化を阻害するので、結果として Rb を活性化し、細胞周期を負に制御します31

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

Rb binding protein 6 マウス・ポリクローナル抗体

交差種: Hu                            アプリケーション: WB, ICC/IF

ab168511

Rb binding protein 1 ウサギ・ポリクローナル抗体

交差種: Hu                            アプリケーション: ELISA, WB

ab25913

低分子化合物

Silibinin

Rb アクチベーターであり、リン酸化 Rb の割合を低下させる32

ab142948

PD0332991

Rb アクチベーターであり、腫瘍形成を抑制する33

ab218118

PAI-1

Rb を非局在化させ、活性化する34

ab142349


MDM2

MDM2 は p21 に結合し、プロテアソームを介した分解に導く、p21 の負の調節因子です。MDM2 の阻害は p21 量を上昇させますが、その過剰発現は逆の効果(細胞周期の進行)をもたらします35

Type

製品名

製品概要

製品番号

抗体

MDM2 マウス・モノクローナル抗体

交差種: Hu, Mo
アプリケーション: Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB

ab16895

タンパク質

リコンビナント・Human MDM2

アプリケーション: WB

ab167941

低分子化合物

Nutlin-3a

p53-MDM2 に結合するインヒビターで(IC50 = 90 nM)36、p21 活性を上昇させる能力は Etoposide よりも高い。

ab144428

NSC 66811

細胞透過性の MDM2 インヒビターで(Ki = 120 nM)、ヒト大腸癌細胞において p21、p53、MDM2 の蓄積を誘導する37

ab142190


p21 による細胞周期の制御

p21 タンパク質そのものや、p21 が標的とする Cdk を調節することで、DNA 損傷、DNA 蓄積、複製ストレスなどを誘導し、これによって細胞周期を停止させることができます。このような手法は、細胞周期の制御や細胞のがん化の研究に有用です。

Type

製品名

製品概要

製品番号

キット

Cell Cycle Assay kit(蛍光分析)

フローサイトメトリーを用いて、G0/G1、 S、G2/M 期の細胞周期の進行程度を蛍光で検出する(吸光波長 490 nm/蛍光波長 520 nm)38

ab112116

タンパク質

Cell Cycle and Apoptosis WB Cocktail

G1/S 期および M 期を検出する、WB 用の抗体コントロール・カクテル

ab139417

低分子化合物

BrdU

M 期において取り込まれ、DNA を標識するチミジン・アナログ。標識された DNA は BrdU、CldU、IdU、それぞれに対する抗体を用いて検出することができる39

ab142567

CldU

ab213715

IdU

ab142581

EdU

チミジン・アナログであり DNA を標識するが、BrdU などとは異なり、検出において DNA の変性および抗体を必要としない3940

ab146186

細胞増殖ガイド


References

  1. Harper, J. W. et al. Inhibition of cyclin-dependent kinases by p21. Mol. Biol. Cell 6, 387–400 (1995). Read more
  2. Charrier-Savournin, F. B. et al. p21-Mediated nuclear retention of cyclin B1-Cdk1 in response to genotoxic stress. Mol. Biol. Cell 15, 3965–76 (2004). Read more
  3. Castedo, M., Perfettini, J.-L., Roumier, T. & Kroemer, G. Cyclin-dependent kinase-1: linking apoptosis to cell cycle and mitotic catastrophe. Cell Death Differ. 9, 1287–1293 (2002). Read more
  4. Potapova, T. A., Daum, J. R., Byrd, K. S. & Gorbsky, G. J. Fine tuning the cell cycle: activation of the Cdk1 inhibitory phosphorylation pathway during mitotic exit. Mol. Biol. Cell 20, 1737–48 (2009). Read more
  5. Larochelle, S. et al. Requirements for Cdk7 in the Assembly of Cdk1/Cyclin B and Activation of Cdk2 Revealed by Chemical Genetics in Human Cells. Mol. Cell 25, 839–850 (2007). Read more
  6. Pines, J. & Hunter, T. Isolation of a human cyclin cDNA: evidence for cyclin mRNA and protein regulation in the cell cycle and for interaction with p34cdc2. Cell 58, 833–46 (1989). Read more
  7. Boutros, R., Dozier, C. & Ducommun, B. The when and wheres of CDC25 phosphatases. Curr. Opin. Cell Biol. 18, 185–91 (2006). Read more
  8. Dash, B. C. & El-Deiry, W. S. Phosphorylation of p21 in G2/M promotes cyclin B-Cdc2 kinase activity. Mol. Cell. Biol. 25, 3364–87 (2005). Read more
  9. Androic, I. et al. Targeting cyclin B1 inhibits proliferation and sensitizes breast cancer cells to taxol. BMC Cancer 8, 391 (2008). Read more
  10. Yang, J. et al. Control of Cyclin B1 localization through regulated binding of the nuclear export factor CRM1. Genes Dev. 12, 2131–2143 (1998). Read more
  11. O’Connor, P. M. Mammalian G1 and G2 phase checkpoints. Cancer Surv. 29, 151–82 (1997). Read more
  12. Bártová, I., Otyepka, M., Kríz, Z. & Koca, J. Activation and inhibition of cyclin-dependent kinase-2 by phosphorylation; a molecular dynamics study reveals the functional importance of the glycine-rich loop. Protein Sci. 13, 1449–57 (2004). Read more
  13. Carlson, B. A., Dubay, M. M., Sausville, E. A., Brizuela, L. & Worland, P. J. Flavopiridol induces G1 arrest with inhibition of cyclin-dependent kinase (CDK) 2 and CDK4 in human breast carcinoma cells. Cancer Res. 56, 2973–8 (1996). Read more
  14. Meijer, L. et al. Biochemical and Cellular Effects of Roscovitine, a Potent and Selective Inhibitor of the Cyclin-Dependent Kinases cdc2, cdk2 and cdk5. Eur. J. Biochem. 243, 527–536 (1997). Read more
  15. Dimova, D. K. & Dyson, N. J. The E2F transcriptional network: old acquaintances with new faces. Oncogene 24, 2810–2826 (2005). Read more
  16. Hsu, C. et al. Cyclin E1 Inhibition can Overcome Sorafenib Resistance in Hepatocellular Carcinoma Cells Through Mcl-1 Suppression. Clin. Cancer Res. 22, 2555–2564 (2016). Read more
  17. Müller-Tidow, C. et al. The cyclin A1-CDK2 complex regulates DNA double-strand break repair. Mol. Cell. Biol. 24, 8917–28 (2004). Read more
  18. Donzelli, M. & Draetta, G. F. Regulating mammalian checkpoints through Cdc25 inactivation. EMBO Rep. 4, 671–7 (2003). Read more
  19. Pu, L., Amoscato, A. A., Bier, M. E. & Lazo, J. S. Dual G1 and G2 phase inhibition by a novel, selective Cdc25 inhibitor 6-chloro-7-[corrected](2-morpholin-4-ylethylamino)-quinoline-5,8-dione. J. Biol. Chem. 277, 46877–85 (2002). Read more
  20. Shi, L. et al. Gossypin Induces G2/M Arrest in Human Malignant Glioma U251 Cells by the Activation of Chk1/Cdc25C Pathway. Cell. Mol. Neurobiol. 32, 289–296 (2012). Read more
  21. Duursma, A. M. & Agami, R. CDK-Dependent Stabilization of Cdc6: Linking Growth and Stress Signals to Activation of DNA Replication. Cell Cycle 4, 1725–1728 (2005). Read more
  22. Mailand, N. & Diffley, J. F. X. CDKs Promote DNA Replication Origin Licensing in Human Cells by Protecting Cdc6 from APC/C-Dependent Proteolysis. Cell 122, 915–926 (2005). Read more
  23. Yoshida, K. et al. CDC6 interaction with ATR regulates activation of a replication checkpoint in higher eukaryotic cells. J. Cell Sci. 123, (2010). Read more
  24. Clijsters, L. & Wolthuis, R. PIP-box-mediated degradation prohibits re-accumulation of Cdc6 during S phase. J. Cell Sci. 127, (2014). Read more
  25. Cole, A. M. et al. Cyclin D2-cyclin-dependent kinase 4/6 is required for efficient proliferation and tumorigenesis following Apc loss. Cancer Res. 70, 8149–58 (2010). Read more
  26. Kehn, K. et al. The role of cyclin D2 and p21/waf1 in human T-cell leukemia virus type 1 infected cells. Retrovirology 1, 6 (2004). Read more
  27. Baker, S. J. & Reddy, E. P. CDK4: A Key Player in the Cell Cycle, Development, and Cancer. Genes Cancer 3, 658–69 (2012). Read more
  28. Fry, D. W. et al. Specific inhibition of cyclin-dependent kinase 4/6 by PD 0332991 and associated antitumor activity in human tumor xenografts. Mol. Cancer Ther. 3, 1427–38 (2004). Read more
  29. Hamilton, G. Cytotoxic effects of fascaplysin against small cell lung cancer cell lines. Mar. Drugs 12, 1377–89 (2014). Read more
  30. Münger, K. & Howley, P. M. Human papillomavirus immortalization and transformation functions. Virus Res. 89, 213–28 (2002). Read more
  31. Broude, E. V et al. p21Waf1/Cip1/Sdi1 mediates retinoblastoma protein degradation. Oncogene 26, 6954–6958 (2007). Read more
  32. Tyagi, A., Agarwal, C. & Agarwal, R. Inhibition of retinoblastoma protein (Rb) phosphorylation at serine sites and an increase in Rb-E2F complex formation by silibinin in androgen-dependent human prostate carcinoma LNCaP cells: role in prostate cancer prevention. Mol. Cancer Ther. 1, 525–32 (2002). Read more
  33. Knudsen, E. S. & Wang, J. Y. J. Targeting the RB-pathway in cancer therapy. Clin. Cancer Res. 16, 1094–9 (2010). Read more
  34. Darnell, G. A. et al. Inhibition of retinoblastoma protein degradation by interaction with the serpin plasminogen activator inhibitor 2 via a novel consensus motif. Mol. Cell. Biol. 23, 6520–32 (2003). Read more
  35. Zhang, Z. et al. MDM2 Is a Negative Regulator of p21WAF1/CIP1, Independent of p53. J. Biol. Chem. 279, 16000–16006 (2004). Read more
  36. Vassilev, L. T. et al. In Vivo Activation of the p53 Pathway by Small-Molecule Antagonists of MDM2. Science (80-. ). 303, 844–848 (2004). Read more
  37. Lu, Y. et al. Discovery of a nanomolar inhibitor of the human murine double minute 2 (MDM2)-p53 interaction through an integrated, virtual database screening strategy. J. Med. Chem. 49, 3759–3762 (2006).Read more
  38. García-Castro, B. et al. Restoration of WNT4 inhibits cell growth in leukemia-derived cell lines. BMC Cancer 13, 557 (2013). Read more
  39. Galanos, P. et al. Chronic p53-independent p21 expression causes genomic instability by deregulating replication licensing. Nat. Cell Biol. 18, 777 (2016). Read more
  40. Zeng, C. B. et al. Evaluation of 5-ethynyl-2 ’-deoxyuridine staining as a sensitive and reliable method for studying cell proliferation in the adult nervous system. Brain Res. 1319, 21–32 (2010).Read more
登録