高い特異性:RabMAb® が選ばれる第 5 の理由

アブカムの RabMAb® 技術で得られたウサギ・モノクローナル抗体は高い特異性があり、相同性が高いタンパク質同士や構造が似通った化学物質同士であっても、その配列や構造を識別することができます。

ウサギはマウスに比べ、その B 細胞の特異性のバリエーションが多く、ウサギはある決まった構造しか認識しない(特異性の高い)モノクローナル抗体を樹立できる確率がマウスよりも高くなります。例としてホルモンの一種であるプロゲステロン(Progesterone)に対して樹立されたウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb(ab215527)の特異性を示します。この表からこの抗体が、同じステロイド骨格を有し構造的に近い各種物質とは、ほとんど交差反応しないことが分かります。


物質名

% 交差反応性

   Progesterone

                     100

   17-aHydroxyprogesterone

                     0.901

    Cortisol

                     0.035

    Desoxycorticosterone

                     1.59

    20a Dihydroprogesterone

                     0.016

    20b Dihydroprogesterone

                     0.02

    Pregnonolone

                    0.764

    Pregnenolone-3-SO4

                    0.426


様々な 抗PARP RabMAb® の特異性を比較

RabMAb の特異性の高さを生かし、タンパク質の分解時に生じるエピトープのわずかな変化を識別する抗体を樹立することに成功しています。


3 種類の抗 Poly (ADP-ribose) polymerase (PARP-1) 抗体の認識エピトープ。N 末端側の p25 切断産物特異的抗体(ab32064)、C末側の p85 切断産物特異的抗体(ab32561)、全長認識抗体(ab32138)。


登録