IL-6 受容体 インタラクティブ・パスウェイ

Interleukin 6 (otherwise known as BSF, B-cell stimulatory factor) was first identified as a cytokine that stimulates B-cell differentiation into immunoglobulin-producing cells. This pathway displays how the IL-6 receptor interacts with IL-6 and gp130 in order to induce transcription through the JAK/STAT and ERK pathways.

IL-6R(CD126)は IL-6 (インターロイキン -6)をリガンドとする受容体であり、その結合によって活性化されるシグナル伝達経路には JAK/STAT、PI3K、MAPK などがあります。IL-6 は多機能サイトカインとして知られていて、B 細胞のイムノグロブリン分泌細胞への最終分化、神経細胞の分化、肝細胞およびヘルパー T 細胞の活性化、骨髄腫および形質細胞腫の増殖など、その作用は多岐に渡ります。


登録