小胞体ストレス インタラクティブ・パスウェイ

Endoplasmic reticulum (ER) stress has been implicated in the development of several neurodegenerative conditions, including Alzheimer’s disease, Parkinson’s disease, and neuronal damage by ischemia. This pathway card highlights the up-regulated expression of ER stress response genes.

小胞体ストレス(ER Stress)とは、修飾や折り畳みが異常なタンパク質が小胞体に蓄積し、細胞に傷害を与えることで、アルツハイマー病、パーキンソン病、虚血性神経障害の原因となることが示唆されています。高ホモシステイン血症、低酸素状態、神経栄養因子の欠乏、薬剤の作用などによって引き起こされる小胞体ストレスを回避するために、GRP78/BiP、CHOP、ATF4 などの小胞体ストレス応答遺伝子の発現が亢進します。

インタラクティブ・パスウェイのご利用には Adobe Flash が必要です。ダウンロードはこちらからどうぞ。Adobe Flash は iPhone や iPad などの iOS 端末やその他タブレット PC ではお使いいただけません。


登録