AMPK pathway

AMPK (5’-adenosine monophosphate-activated protein kinase) is a member of a protein kinase family that extends from plants to mammals and is thought to act as a “fuel gauge”.

AMPK(AMP 活性化プロテインキナーゼ)は細胞エネルギーの恒常性を調節するタンパク質で、触媒として作用する α サブユニットと、調節を行う β および γ サブユニットから成るヘテロ三量体です。AMPK は細胞内の ATP レベルが低下することで活性化され、さまざまな過程を介してインスリン刺激性の糖取り込みを増加させ、脂肪酸の酸化や解糖を促進します。また GS(グリコーゲン合成酵素)、TORC2、SREBP-1、TSC2 を負に調節することによって、グリコーゲン、脂質、タンパク質の合成、および糖新生を阻害します。



登録