高品質な NeuN ウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb®

神経細胞の染色に抗 NeuN ウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb®ab177487

核タンパク質 NeuN(Neuronal nuclei)は、小脳のプルキンエ細胞などを除き中枢神経系および末梢神経系にある神経細胞で広く発現しており、神経細胞全般のマーカー分子として広く用いられています。また未分化な細胞では発現していないため、神経発生や神経分化の研究にも用いられます。NeuN についてはこちらもご参照ください。

神経細胞マーカー NeuN に対するウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb®ab177487)は、神経細胞の染色に非常に有用で、次のような特長があります。


高性能なウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb®
RabMAb はウサギ由来抗体の優れた抗原親和性と、モノクローナル抗体ならではの安定した品質、双方を兼ね備えています。RabMAb について詳しくはこちらをご覧ください。

マウス組織の染色に最適
ウサギ由来の抗体なので、マウス組織サンプルに対して低いバックグラウンドを示します。

多彩なアプリケーションと種交差性
適応アプリケーション:IHC-P、IHC-Fr、WB、ICC/IF、Flow cytometry 交差種:ヒト、マウス、ラット、カニクイザル、マーモセット、イヌ、ネコ、ヒツジ、ウシ、ゼブラフィッシュ

低濃度でも美しい染色
抗原親和性が高く低濃度で使用できるので、バックグラウンドが低い、鮮明な像が得られます。マウス・モノクローナル抗体との比較はこちらをご覧ください。

豊富な実績とレビュー
さまざまなアプリケーションや動物種による実験からの、30 件以上のレビューと、豊富な論文使用実績があります。

多重染色に便利な蛍光標識済み製品をご用意
品質に定評のある Alexa Fluor® 標識済み抗体も複数ラインアップ(Alexa Fluor® 488Alexa Fluor® 568Alexa  Fluor® 647)しています。


お求めやすいトライアル・サイズもご用意




Alexa Fluor® is a registered trademark of Life Technologies. Alexa Fluor® dye conjugates contain(s) technology licensed to Abcam by Life Technologies.


登録