All tags Neuroscience タウのもつれを解くために

タウのもつれを解くために

タウ・タンパク質(Tau)に関する新たな病理的知見を加えた包括的なガイドです。アブカムは抗体、キット、凝集阻害剤などさまざまなアプローチで、タウ研究をサポートします。

図1: アルツハイマー病をはじめとしたタウオパチー(tauopathies)における、タウ・タンパク質による神経原線維変化(NFT; neurofibrillary tangle)の形成。病理的条件下で、タウは過剰にリン酸化され、微小管から分離する。次いで、リン酸化されたタウは凝集し、対のらせんフィラメント(PHF:paired helical filament)および神経原線維変化(NFT)を形成する。


トータル・タウの検出

タウ・タンパク質は、正常な脳においては可溶性の状態で存在しますが、アルツハイマー病(Alzheimer’s disease; AD)では、凝集し不溶性となっています。BSA・アザイド・フリー抗体、抗体パネル(抗体セット)、ELISA キットをご紹介します。
​​

試薬

おすすめ製品

製品番号

抗トータル・タウ抗体

Anti-Tau antibody [TAU-5] - BSA and Azide free

ab80579

抗タウ抗体パネル

Tau Research Antibody Panel

ab226492

ELISA キット

Human Tau ELISA Kit

ab210972

不溶性タウの検出が困難である場合には、RIPA や サルコシル(Sarkosyl)などの界面活性剤を含んだ溶液でのサンプル調製をお試しください1


タウのリン酸化

タウ・タンパク質の機能はリン酸化によってコントロールされ、そのコントロールの不全が誤った局在、凝集、神経細胞死をもたらします。タウのリン酸化に関する全ての側面は、下の表にあるような様々な翻訳後修飾部位に対する抗体を用いることで、調べることができます。

リン酸化部位

おすすめ製品

製品番号

Ser 202 + Thr 205

Anti-Tau (phospho S202 + T205) antibody [EPR20390]

ab210703

Thr 205

Anti-Tau (phospho T231) antibody [EPR2488]

ab151559

Ser 262

Anti-Tau (phospho S262) antibody

ab64193

Ser 396

Anti-Tau (phospho S396) antibody [EPR2731]

ab109390

Ser 422

Anti-Tau (phospho S422) antibody [EPR2866]

ab79415

全ての抗リン酸化タウ抗体を見る

様々な抗リン酸化タウ抗体とトータル・タウ抗体がセットになったパネル製品(ab226492)もぜひご利用ください。



タウ凝集阻害剤

アルツハイマー病のような神経変性疾患では、組織化学的に、脳内で凝集したタウが観察されます。下の表にあるようなタウ凝集阻害剤を用いることで、神経原線維変化の形成を効果的に阻害することができます。


低分子化合物

活性

製品番号

TRx0237 mesylate (LMTX)

マウスにおいて、タウ病理所見を減少させ、行動障害を改善させる2in vitro と in vivo の両方で活性を有する3

ab223882

AZD2858

タウの Ser 396 をリン酸化する GSK-3 を、選択的に阻害する(IC50 = 68 nM)4

ab223889

INDY

ATP 競合性 Dyrk1A 阻害剤。タウのリン酸化を抑制する5

ab223890

GSK-3β Inhibitor VII

細胞透過性、非 ATP 競合性 GSK-3β 阻害剤(IC50 = 0.5 µM)6

ab145937

YM-01 (YM-1)

アロステリック Hsp70 モジュレーター。異常タウのレベルを低下させることができる(EC50 ~ 0.9 μM)7

ab146423

全てのタウ阻害剤を見る
微小管の活性化剤と阻害剤を見る



タウ・タンパク質と神経炎症

神経変性疾患において、ミスフォールド・タンパク質と神経炎症(neuroinflammation)との間に複雑な相互作用があることが知られるようになっています。神経炎症におけるタウ・タンパク質の研究においては、炎症促進性メディエーターが有用です。


ツール

おすすめ製品

製品番号

マルチプレックス・サイトカイン・パネル
(ヒト、マウス)

Human Key cytokines (15 plex) Multiplex Immunoassay Kit

Mouse Key cytokines (14 plex) Multiplex Immunoassay Kit

ab213392


ab213396

TNF alpha ELISA キット

Mouse TNF alpha ELISA Kit

ab208348

IL-1 beta ELISA キット

Mouse IL-1 beta ELISA Kit (Interleukin-1 beta)

ab100704

IL-6 ELISA キット

Human IL-6 ELISA Kit (Interleukin-6) High Sensitivity

ab46042

サイトカインのマルチプレックス・プロファイリングに – Fireplex® immunoassays

わずか 90 分間で ELISA の結果が – SimpleStep® ELISA kits


参考文献

1.        Forest, S. K., Acker, C. M., d’Abramo, C. & Davies, P. Methods for measuring tau pathology in transgenic mouse models. J. Alzheimers. Dis. 33, 463–71 (2013). Read more

2.        Melis, V. et al. Effects of oxidized and reduced forms of methylthioninium in two transgenic mouse tauopathy models. Behav. Pharmacol. 26, 353–368 (2015). Read more

3.        Panza, F. et al. Tau aggregation inhibitors: the future of Alzheimer’s pharmacotherapy? Expert Opin. Pharmacother. 17, 457–461 (2016). Read more

4.        Marsell, R. et al. GSK-3 inhibition by an orally active small molecule increases bone mass in rats. Bone 50, 619–627 (2012). Read more

5.        Ogawa, Y. et al. Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A. Nat. Commun. 1, 1–9 (2010). Read more

6.        Conde, S. et al. Thienyl and Phenyl α-Halomethyl Ketones: New Inhibitors of Glycogen Synthase Kinase (GSK-3β) from a Library of Compound Searching. (2003). J Med Chem. 46, 4631-3 (2003). Read more

7.        Abisambra, J. et al. Allosteric heat shock protein 70 inhibitors rapidly rescue synaptic plasticity deficits by reducing aberrant tau. Biol. Psychiatry 74, 367–374 (2013). Read more


登録