活性型 α-シヌクレイン・タンパク質

アブカムの活性型 α-シヌクレイン・リコンビナント・タンパク質を用いれば、in vitro と in vivo、いずれにおいても、神経細胞にレヴィー小体病変を簡単に誘導することができます。


レヴィー小体(Lewy bodies)は、パーキンソン病(Parkinson’s disease)やレヴィー小体認知症(Lewy body dementia)などの神経傷害性疾患に特徴的な、α-シヌクレイン・タンパク質(alpha-synuclein protein)の神経細胞内凝集物です。この凝集物は運動制御に関わる脳の領域に見出され、精神的能力の進行的な低下をもたらすとされています。

図1. α-シヌクレイン・モノマーから線維状凝集体が生じる。



α-シヌクレイン・タンパク質を用いる利点

  • 実験的にレヴィー小体病変を誘導することができる1
  • 活性型内在性 α-シヌクレイン・レベルは、モノマーまたは凝集タンパク質を添加した後、チオフラビン T(Thioflavin T; ThT)などのベータシート結合色素を用いて検出することができる。
  • α-シヌクレイン・モノマーまたは凝集体の非活性コントロールと比較することができる。
  • in vitro でも in vivo でも検討することができ、薬剤ターゲットのスクリーニングなどに有用である。



チオフラビン T(ThT)を用いる α-シヌクレインの検出

活性型 α-シヌクレイン凝集体は、活性型 α-シヌクレイン・モノマーのプールから、さらに新規の α-シヌクレイン凝集体の形成をもたらします。チオフラビン T(ThT)は、α-シヌクレイン凝集体のような β シートに富む構造に結合する蛍光色素で、結合すると色素の発光スペクトルが赤色にシフトし、蛍光強度が増加します。

プロトコールはこちら



製品

製品名

製品番号

Recombinant human alpha-synuclein protein monomer (active)

ab218818

Recombinant human alpha-synuclein protein aggregate (active)

ab218819

Recombinant human alpha-synuclein protein monomer (control)

ab218816

Recombinant human alpha-synuclein protein aggregate (control)

ab218817

Thioflavin T (ThT)

ab120751



参考文献

1.        Luk, K. C. & Lee, V. M.-Y. Modeling Lewy pathology propagation in Parkinson’s disease. Parkinsonism Relat. Disord. 20, S85–S87 (2014). Read more

2.        Vieira, B. D. M., Radford, R. A., Chung, R. S., Guillemin, G. J. & Pountney, D. L. Neuroinflammation in Multiple System Atrophy: Response to and Cause of α-Synuclein Aggregation. Front. Cell. Neurosci. 9,437 (2015). Read more

3.        Roberts, H. & Brown, D. Seeking a Mechanism for the Toxicity of Oligomeric α-Synuclein. Biomolecules 5, 282–305 (2015). Read more

4.        Fernagut, P.-O. & Chesselet, M.-F. Alpha-synuclein and transgenic mouse models. Neurobiol. Dis.17, 123–130 (2004). Read more

5.        Ariesandi, W., Chang, C.-F., Chen, T.-E. & Chen, Y.-R. Temperature-Dependent Structural Changes of Parkinson’s Alpha-Synuclein Reveal the Role of Pre-Existing Oligomers in Alpha-Synuclein Fibrillization. PLoS One 8, e53487 (2013). Read more

登録