Home 二次抗体

免疫沈降(IP)用二次抗体

免疫沈降で得られたサンプルには用いた抗体(イムノグロブリン)も含まれるため、還元して電気泳動に供した場合、ターゲット・タンパク質の他にイムノグロブリンの H 鎖および L 鎖も泳動されます。そのためターゲット・タンパク質の分子量が H 鎖や L 鎖に近いと、二次抗体で検出する際に特異的なバンドの判別が難しくなります。そのような際に便利なのが、H 鎖および L 鎖単独には反応しない IP 用二次抗体です。

Features

IP 用二次抗体 VeriBlot

還元されていないイムノグロブリンとのみと反応し、H 鎖および L 鎖とは反応しない二次抗体です。

ウエスタン・ブロッティング 10 のポイント

ウエスタン・ブロッティングを成功させるための、10 のポイントをご紹介。

IP トラブルシューティング

免疫沈降法成功させるためのトラブルシューティングです。

Secondaries ポータル

二次抗体に関するあらゆる情報がここに。。

登録