All tags p53 p53 の制御

p53 の制御

代表的な腫瘍抑制因子である p53 の機能は、転写および翻訳レベルにおいて、またタンパク質レベルではその修飾によって、高度かつ複雑に制御されています。ここではその調節の経路を解説し、それらの研究に役立つ各種製品を紹介します。

MDM2 の働き

MDM2 は p53 の主要な抑制因子の一つであり、その経路は p53 の分解です。MDM2 は E3 ユビキチン・リガーゼであり、p53 の K327、K373、K381、K382、K386 をポリユビキチン化します(Figure 2 参照)。ポリユビキチン化された p53 はプロテアソーム経路を介して分解されます1,2,3。これによって通常の状態では、p53 は細胞内で低い濃度に抑えられています。なお p53 には脱ユビキチン化する酵素 HAUSP の存在も知られており、p53 の分解を妨げることによってその安定化に寄与しています。

p53、MDM2、HAUSP の研究に有用な抗体、タンパク質、および低分子化合物












p53 の翻訳後修飾

p53 はストレスを受けた細胞においては、そのユビキチン化が抑制されて分解されず核内に蓄積し、またリン酸化やアセチル化などの修飾を受けて安定化し、活性化します。活性化した p53 は補助因子の助けを借りて目的の遺伝子の転写を誘導します5,6,7

p53 のリン酸化

p53 は DNA 損傷を認識するとリン酸化され、安定化・活性化します。p53 をリン酸化するキナーゼには ATM/ATRChk1/ Chk2CK1CK2PKCCDK1/ 2DNA-PKHIPK2ERK2p38JNK  などがありこれらがリン酸化するセリン残基およびチロシン残基は、p53 分子上に多数存在します(Figure 1)。

Figure 1. p53 分子上のリン酸化部位(図をクリックすると拡大します)


リン酸化 p53 に対するおすすめ抗体












p53 のアセチル化

p53 は 紫外線や γ 線などによってアセチル化されます。p53 のアセチル化は、MDM2 による p53 のユビキチン化と分解を阻害し、コアクチベーターの会合を助け、DNA への結合能を高め、転写活性化能を上昇させます4,5,6,7。P53 をアセチル化する酵素のうち p300/CBP は K370 - K386 を、 PCAF は K320 を、TIP60 hMOF は K120 を、それぞれ特異的にアセチル化します(Figure 2)。

Figure 2. p53 分子上のアセチル化部位(A)、メチル化部位(M)、およびユビキチン化部位(Ub)(図をクリックすると拡大します)


アセチル化 p53 に対するおすすめ抗体

アセチル化部位抗体アプリケーション
K370p53 (acetyl K370)ウサギ・モノクローナル抗体Flow Cyt, ICC/IF, IP, WB
K373p53 (acetyl K373)ウサギ・モノクローナル抗体Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, WB
K381p53 (acetyl K381)ウサギ・ポリクローナル抗体ELISA, ICC, IHC-P, WB
K382p53 (acetyl K382)ウサギ・モノクローナル抗体ICC, IHC-P, WB









アセチル化 p53 関連製品一覧

 

References

  • 1. Nag S, Qin J, Srivenugopal KS, Wang M, Zhang R. 2013. The MDM2-p53 pathway revisited. J Biomed Res. 27(4):254-71. doi: 10.7555/JBR.27.20130030.
  • 2. Levine AJ, Oren M. 2009. The first 30 years of p53: growing ever more complex. Nat Rev Cancer. 9(10):749-58. doi: 10.1038/nrc2723.
  • 3. Hasty P, Christy BA. 2013. p53 as an intervention target for cancer and aging. Pathobiol Aging Age Relat Dis. 3:22702. doi: 10.3402/pba.v3i0.22702.
  • 4. Vousden KH, Prives C. 2009. Blinded by the light: the growing complexity of p53. Cell. 137(3):413-31. doi: 10.1016/j.cell.2009.04.037.
  • 5. Xu Y. 2003. Regulation of p53 responses by post-translational modifications. Cell Death Differ. 10(4):400-3.
  • 6. Meek DW, Anderson CW. 2009. Posttranslational modification of p53: cooperative integrators of function. Cold Spring Harb Perspect Biol. 1(6):a000950. doi:10.1101/cshperspect.a000950.
  • 7. Olsson A, Manzl C, Strasser A, Villunger A. 2007. How important are post-translational modifications in p53 for selectivity in target-gene transcription and tumour suppression? Cell Death Differ. 14(9):1561-75.
登録