Welcome to the Abcam blog

ノックアウト(KO)検証済み抗体

私たちは研究用抗体のあり方を変える可能性のある、新しい評価法に取り組んでいます。

ライフサイエンスの研究において抗体は欠かせないツールです。しかし残念ながら市販の抗体製品の中には、ターゲット・タンパク質に対する特異性が低いものもあります。このような抗体の使用は実験の再現性を低下させ、研究者の時間と資源を浪費させ、最悪の場合、発表された論文の撤回を招いてしまいます(Bradbury & Plückthun, 2015; Baker, 2015; Mullane et al., 2015)。このような事態を避けるためには、特異性が厳密に担保された抗体を使用する必要があります。その担保の方法として最も信頼できるものの一つが、ノックアウト(KO)検証です(Madhusoodanan, 2014; Rhodes & Trimmers, 2008)。

ノックアウト検証とは、ターゲット・タンパク質をコードする遺伝子を遺伝子工学的に取り除き、ターゲット・タンパク質が発現しない、すなわちノックアウトされた細胞株(KO 細胞株)を用いる方法です。野生型細胞株とKO細胞株のそれぞれに抗体を反応させ、特異的なシグナルが野生型細胞株で検出され、ノックアウト細胞株では検出されない場合、その抗体は「真に」特異的であると言えます(Bordeaux, et al., 2010)。



アブカムのノックアウト検証済抗体は、ウェブサイトの検索結果およびデータシートにこのようなマークが表示されます。

アブカムは、ライフサイエンス研究向け抗体製品の品質向上を図るための新しい評価法として 2015 年より、ノックアウト検証に取り組み始めました。2018 年 1 月現在、1,100製品以上のノックアウト検証を行い、「KO 評価済」抗体をリリースしています。

KO 検証についてさらに詳しく → こちら

KO 検証済み抗体一覧 → こちら

使用論文の多い KO 検証済み抗体

ターゲット名

交差種

適用・アプリケーション

文献

Abreview
数 評価

製品番号

ABCA1Mouse-MonoHu, Ms, Rat, Chk, CowELISA, Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, WB4217 ab18180
ATG9AHu, Ms, Rat Flow Cyt, ICC, IHC-P, IP, WB11 8ab108338
beta ActinMouse-Mono Ms, Rat, Shp, Rb, Chk, Gpig, Hm, Cow, Cat, Dog, Hu, Op, Mmst, MeUng, Carp ELISA, I-ELISA, ICC, ICC/IF, IHC-FoFr, IHC-Fr, IHC-P, WB101492 ab6276
CXCR4 Rat, Hu, MsICC/IF, IHC-P, WB3513 ab124824
FANCD2Hu, Ms, Rat Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB123 ab108928
Ki67 Ms, Rat, Hu, MmstICC/IF, IHC-FoFr, IHC-Fr, IHC-P, WB37181ab16667
Ki67Rabbit-Poly Rat, Ms, Hrs, Cow, Dog, Hu, InMtj, Mk, ChHm, SHm, Mmst, Pig, Shp, RbFlow Cyt, ICC, ICC/IF, IHC - Wmt, IHC-FoFr, IHC-Fr, IHC-FrFl, IHC-P 732161 ab15580
Lamin B1Rabbit-Poly Ms, Rat, Hu, Xl, InMtj, PigICC/IF, IHC - Wmt, IHC-Fr, IHC-P, WB30982ab16048
LKB1Mouse-MonoHu, MsWB2411 ab15095
NFkB p65 Ms, HuFlow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB3211 ab32536
p21 Ms, Rat, HuWB228 ab109199
PD-L1 HuFlow Cyt, IHC-P, WB, ICC/IF37 8ab205921
PTENHu, Ms, RatWB, Flow Cyt, ICC/IF, WB 3412ab32199
VPS35Goat-Poly Ms, Hu, Rat ICC/IF, IHC-P, WB183 ab10099

ターゲット別 KO 検証済み抗体一覧

A B C D E F G H I J K L M N P Q R S T U V W 
A

ABCA1, AKT1, AKT2, AMPK alpha 1, APG16, APG5L/ATG5, APG7, A RAF, ARF6, ARID1A, ARP5, ASK1, ATG9A

B

Bax, beta Actin, BRD2

C

Calnexin - ER membrane marker, CaMKII delta, Caspase 2, Caspase 8, CD46, CD95 , CD274, CD276, CDC25C, CDC42, CDK2, CDK4, CDK6, CENPE, CHD3, Chk2, Cortactin, c-Rel, CSK, CXCR4

D

DDX6, DDX58, DNA Ligase IV, DRAK2

E

EED, EEF2K, eIF2 alpha, eIF4EBP1, Endo G, ERCC8, ERK1, ERK2

F

FADD, FANCA, FANCD2, Fatty Acid Synthase

G

GABARAPL2, GALT, GCN2, Glutathione Peroxidase 1, GSK3 beta

H

HADHA, HAUSP / USP7, HDAC1, HDAC6, HDAC8, HP1 alpha, HP1 gamma

I

IDH2, IKK alpha, IKK beta, IKK gamma, Insulin degrading enzyme / IDE, Integrin alpha 2, Integrin alpha 4, Integrin beta 1, Integrin linked ILK, IQGAP1, IRF3

J

JNK1, JNK2

K

Ki67, Klotho, KMT1C / G9a, KMT6 / EZH2

L

Lamin A, Lamin B1, LKB1, LRP6, Lyn

M

MAPKAP Kinase 2 , MBD2, MBD3, MDA5 , MEK2, MEK3, MEK4, MEK6, MEK7, MEKK2, MELK, Menin, MGMT, MLH1, MLK3, MLKL, MSH2, MTH1

N

N WASP, NDUFS4, NFkB p65, NFkB p100 / p52, non-muscle Myosin IIA

P

p21, p38, p53, p53R2, PAK2, PBK, Peroxiredoxin 1, PHD2 / prolyl hydroxylase, Phospholipase C gamma 1, PI 3 Kinase catalytic subunit alpha, PI 3 Kinase p85 alpha, PIM1, PKC alpha, PKC delta, PKC zeta, PKR, PLCG 2 , PPM1A, PTEN, PTP1B, Pyruvate Dehydrogenase Kinase 1

Q

QPRT

R

Rab4, RAB8A, Raf1, RING2 / RING1B / RNF2, RIP, RIP2, ROCK2, RSK1 p90

S

SAMHD1, SHP2, SLC27A4 / FATP4, SNAP23, Sortilin, SP1, Src, STK3, Suppressor of Fused, SUZ12

T

TAK1, Tet2, TLS/FUS, Topoisomerase II beta, TRAF2, TRIM56, TYK2

U

UBE2D1, USP10, USP11, USP9x

V

VPS35

W

Werner's syndrome helicase WRN

私たちは研究用抗体のあり方を変える可能性のある、新しい評価法に取り組んでいます。

ライフサイエンスの研究において抗体は欠かせないツールです。しかし残念ながら市販の抗体製品の中には、ターゲット・タンパク質に対する特異性が低いものもあります。このような抗体の使用は実験の再現性を低下させ、研究者の時間と資源を浪費させ、最悪の場合、発表された論文の撤回を招いてしまいます(Bradbury & Plückthun, 2015; Baker, 2015; Mullane et al., 2015)。このような事態を避けるためには、特異性が厳密に担保された抗体を使用する必要があります。その担保の方法として最も信頼できるものの一つが、ノックアウト(KO)検証です(Madhusoodanan, 2014; Rhodes & Trimmers, 2008)。

ノックアウト検証とは、ターゲット・タンパク質をコードする遺伝子を遺伝子工学的に取り除き、ターゲット・タンパク質が発現しない、すなわちノックアウトされた細胞株(KO 細胞株)を用いる方法です。野生型細胞株とKO細胞株のそれぞれに抗体を反応させ、特異的なシグナルが野生型細胞株で検出され、ノックアウト細胞株では検出されない場合、その抗体は「真に」特異的であると言えます(Bordeaux, et al., 2010)。



アブカムのノックアウト検証済抗体は、ウェブサイトの検索結果およびデータシートにこのようなマークが表示されます。

アブカムは、ライフサイエンス研究向け抗体製品の品質向上を図るための新しい評価法として 2015 年より、ノックアウト検証に取り組み始めました。2018 年 1 月現在、1,100製品以上のノックアウト検証を行い、「KO 評価済」抗体をリリースしています。

KO 検証についてさらに詳しく → こちら

KO 検証済み抗体一覧 → こちら

使用論文の多い KO 検証済み抗体

ターゲット名

交差種

適用・アプリケーション

文献

Abreview
数 評価

製品番号

ABCA1Mouse-MonoHu, Ms, Rat, Chk, CowELISA, Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, WB4217 ab18180
ATG9AHu, Ms, Rat Flow Cyt, ICC, IHC-P, IP, WB11 8ab108338
beta ActinMouse-Mono Ms, Rat, Shp, Rb, Chk, Gpig, Hm, Cow, Cat, Dog, Hu, Op, Mmst, MeUng, Carp ELISA, I-ELISA, ICC, ICC/IF, IHC-FoFr, IHC-Fr, IHC-P, WB101492 ab6276
CXCR4 Rat, Hu, MsICC/IF, IHC-P, WB3513 ab124824
FANCD2Hu, Ms, Rat Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB123 ab108928
Ki67 Ms, Rat, Hu, MmstICC/IF, IHC-FoFr, IHC-Fr, IHC-P, WB37181ab16667
Ki67Rabbit-Poly Rat, Ms, Hrs, Cow, Dog, Hu, InMtj, Mk, ChHm, SHm, Mmst, Pig, Shp, RbFlow Cyt, ICC, ICC/IF, IHC - Wmt, IHC-FoFr, IHC-Fr, IHC-FrFl, IHC-P 732161 ab15580
Lamin B1Rabbit-Poly Ms, Rat, Hu, Xl, InMtj, PigICC/IF, IHC - Wmt, IHC-Fr, IHC-P, WB30982ab16048
LKB1Mouse-MonoHu, MsWB2411 ab15095
NFkB p65 Ms, HuFlow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB3211 ab32536
p21 Ms, Rat, HuWB228 ab109199
PD-L1 HuFlow Cyt, IHC-P, WB, ICC/IF37 8ab205921
PTENHu, Ms, RatWB, Flow Cyt, ICC/IF, WB 3412ab32199
VPS35Goat-Poly Ms, Hu, Rat ICC/IF, IHC-P, WB183 ab10099

ターゲット別 KO 検証済み抗体一覧

A B C D E F G H I J K L M N P Q R S T U V W 
A

ABCA1, AKT1, AKT2, AMPK alpha 1, APG16, APG5L/ATG5, APG7, A RAF, ARF6, ARID1A, ARP5, ASK1, ATG9A

B

Bax, beta Actin, BRD2

C

Calnexin - ER membrane marker, CaMKII delta, Caspase 2, Caspase 8, CD46, CD95 , CD274, CD276, CDC25C, CDC42, CDK2, CDK4, CDK6, CENPE, CHD3, Chk2, Cortactin, c-Rel, CSK, CXCR4

D

DDX6, DDX58, DNA Ligase IV, DRAK2

E

EED, EEF2K, eIF2 alpha, eIF4EBP1, Endo G, ERCC8, ERK1, ERK2

F

FADD, FANCA, FANCD2, Fatty Acid Synthase

G

GABARAPL2, GALT, GCN2, Glutathione Peroxidase 1, GSK3 beta

H

HADHA, HAUSP / USP7, HDAC1, HDAC6, HDAC8, HP1 alpha, HP1 gamma

I

IDH2, IKK alpha, IKK beta, IKK gamma, Insulin degrading enzyme / IDE, Integrin alpha 2, Integrin alpha 4, Integrin beta 1, Integrin linked ILK, IQGAP1, IRF3

J

JNK1, JNK2

K

Ki67, Klotho, KMT1C / G9a, KMT6 / EZH2

L

Lamin A, Lamin B1, LKB1, LRP6, Lyn

M

MAPKAP Kinase 2 , MBD2, MBD3, MDA5 , MEK2, MEK3, MEK4, MEK6, MEK7, MEKK2, MELK, Menin, MGMT, MLH1, MLK3, MLKL, MSH2, MTH1

N

N WASP, NDUFS4, NFkB p65, NFkB p100 / p52, non-muscle Myosin IIA

P

p21, p38, p53, p53R2, PAK2, PBK, Peroxiredoxin 1, PHD2 / prolyl hydroxylase, Phospholipase C gamma 1, PI 3 Kinase catalytic subunit alpha, PI 3 Kinase p85 alpha, PIM1, PKC alpha, PKC delta, PKC zeta, PKR, PLCG 2 , PPM1A, PTEN, PTP1B, Pyruvate Dehydrogenase Kinase 1

Q

QPRT

R

Rab4, RAB8A, Raf1, RING2 / RING1B / RNF2, RIP, RIP2, ROCK2, RSK1 p90

S

SAMHD1, SHP2, SLC27A4 / FATP4, SNAP23, Sortilin, SP1, Src, STK3, Suppressor of Fused, SUZ12

T

TAK1, Tet2, TLS/FUS, Topoisomerase II beta, TRAF2, TRIM56, TYK2

U

UBE2D1, USP10, USP11, USP9x

V

VPS35

W

Werner's syndrome helicase WRN

コメント (承認されるまでコメントは表示されません)
登録