Welcome to the Abcam blog

mTOR シグナル伝達パスウェイ

mTOR (mammallian Target Of Rapamycin) は、グルコースやアミノ酸などの栄養源を感知し、細胞の増殖や代謝、生存における調節因子の役割を果たすセリン / スレオニン・キナーゼです。抗生物質ラパマイシンの標的分子として発見されたこの酵素は近年、mTOR、Raptor、mLST8 (GβL) からなる mTORC1 と、mTOR、Rictor、mLST8 (GβL)、Sin1 からなる mTORC2 という、二種類の複合体を形成し、独立したネットワークを持っていることが明らかになりました。

複合体 mTORC1 は、前述の栄養源の他、成長因子、ホルモン、ストレスなどによって活性化され、4EBP1 や p70S6K といったタンパク質合成や細胞増殖に関わる分子をリン酸化し、mRNA の翻訳、オートファジーの抑制、リボゾームの生合成などに関与します。一方複合体 mTORC2 は、栄養源の調節は受けず、成長因子による刺激を受けた PI3K によって活性化され、Akt や SGK、PKC をリン酸化し、アポトーシスの抑制、細胞の成長、細胞骨格の制御などに関与します。

最近、mTORC1 に選択的な阻害剤であるラパマイシンが癌の治療に有効であることが報告されました。これらのシグナル伝達機構がさらに解明されることにより、癌や免疫疾患の効果的な治療法の開発につながるのではないかと期待されています。

 

カードの PDF 版 (2.0 M) はこちら からダウンロードできます。 印刷版 (A4 サイズ) を希望の方は、お名前、所属、送付先、ご利用販売店を明記の上メールでご請求ください。

 

mTOR シグナル伝達パスウェイ関連抗体とペプチド

PDK1 antibody (ab31406)

  • Clonality : P
  • Applications : ELISA, ICC/IF, IHC-P, WB
  • Reactivity : Hu, Ms, Rat

Hamartin antibody (ab32936)

  • Clonality : P
  • Applications : ICC/IF, IHC-P, WB
  • Reactivity : Hu, Ms

mTOR antibody (ab2732)

  • Clonality : P
  • Applications : ICC, IHC-Fr, IHC-P, IP, WB
  • Reactivity : Hu, Ms, Rat

RICTOR antibody (ab32892)

  • Colonality : P
  • Applications : ELISA, ICC/IF, IHC-P
  • Reactivity : Hu, Ms, Dog

mTOR シグナル伝達関連抗体

ターゲット名

交差種

適用・アプリケーション

文献

Abreview
数 評価

製品番号

eIF4EBP1Rabbit-Poly Ms, Rat, Hu, PigEMSA, IP, WB5 2 ab2606
AKT1Rabbit-PolyMs, AGMkWB2 ab18206
DEPDC6Mouse-PolyHuWB ab67774
LKB1Rabbit-Poly Ms, Hu, Zfsh, AGMkICC/IF, IHC-P, WB1 2 ab58786
LKB1Rabbit-PolyHu, MsELISA, ICC/IF, WB1 1 ab63473
mTORRabbit-PolyHuICC/IF, IHC-P, WB 1 ab45989
mTORRabbit-PolyHuELISA, WB1 ab1093
mTORRabbit-PolyICC/IF2 1 ab45996
mTORHuman-Poly ab46195
mTORRabbit-PolyHu, Ms, RatELISA, WB1 ab63552
mTORRabbit-Poly Ms, Rat, Hu, EquICC, IHC-Fr, IHC-P, IP, WB8 9 ab2732
Pyruvate Dehydrogenase Kinase 1Rabbit-PolyHu, Rat ab73335
PRAS40Rabbit-PolyHuELISA, WB ab59171
PTENHu, Ms, RatFlow Cyt, ICC/IF, IP, WB13 6 ab32199
PTENHu, Ms, RatICC, IHC-P, WB ab76431
RaptorRabbit-Poly Ms, Rat, HuICC/IF, WB3 3 ab5454
RaptorHu, Ms, RatFlow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB5 3 ab40768
PDK1Rabbit-PolyHu, Ms, RatELISA, ICC/IF, IHC-P, WB5 6 ab31406
DDIT4Rabbit-PolyHuELISA, IHC-P, WB3 1 ab63059
RHEBRabbit-PolyHu, Ms, RatICC/IF, IHC-P, WB3 1 ab25873
RICTORRabbit-Poly HuIP, WB1 ab70373
RICTORGoat-PolyELISA, ICC/IF, IHC-P1 1 ab32892
S6KRabbit-PolyHu, Ms, Rat, Cow, Pig, RbELISA, IP, WB4 6 ab9366
SGK1Rabbit-PolyHu, Ms, RatELISA, ICC/IF, IHC-FoFr, IHC-P, WB5 ab59337
SGK1Rabbit-PolyHu, MsICC/IF, IHC-P, WB1 3 ab43606
SIN1Rabbit-Poly Ms, HuIP, WB2 ab71152
HamartinRabbit-PolyHuICC/IF, IHC-P, WB ab21632
HamartinRabbit-PolyHu, MsICC/IF, IHC-P, WB4 1 ab32936
TuberinRabbit-PolyHuWB ab41976
TuberinRabbit-PolyHuELISA, IHC-P1 ab59269
TuberinHuFlow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB1 ab52936

mTOR シグナル伝達関連ペプチド

ターゲット名

由来

容量

製品番号

mTORHuman-Poly100 μgab46195
Pyruvate Dehydrogenase Kinase 1Human-Poly100 μgab73334
SGK1Human-Poly100 μgab43605

mTOR (mammallian Target Of Rapamycin) は、グルコースやアミノ酸などの栄養源を感知し、細胞の増殖や代謝、生存における調節因子の役割を果たすセリン / スレオニン・キナーゼです。抗生物質ラパマイシンの標的分子として発見されたこの酵素は近年、mTOR、Raptor、mLST8 (GβL) からなる mTORC1 と、mTOR、Rictor、mLST8 (GβL)、Sin1 からなる mTORC2 という、二種類の複合体を形成し、独立したネットワークを持っていることが明らかになりました。

複合体 mTORC1 は、前述の栄養源の他、成長因子、ホルモン、ストレスなどによって活性化され、4EBP1 や p70S6K といったタンパク質合成や細胞増殖に関わる分子をリン酸化し、mRNA の翻訳、オートファジーの抑制、リボゾームの生合成などに関与します。一方複合体 mTORC2 は、栄養源の調節は受けず、成長因子による刺激を受けた PI3K によって活性化され、Akt や SGK、PKC をリン酸化し、アポトーシスの抑制、細胞の成長、細胞骨格の制御などに関与します。

最近、mTORC1 に選択的な阻害剤であるラパマイシンが癌の治療に有効であることが報告されました。これらのシグナル伝達機構がさらに解明されることにより、癌や免疫疾患の効果的な治療法の開発につながるのではないかと期待されています。

 

カードの PDF 版 (2.0 M) はこちら からダウンロードできます。 印刷版 (A4 サイズ) を希望の方は、お名前、所属、送付先、ご利用販売店を明記の上メールでご請求ください。

 

mTOR シグナル伝達パスウェイ関連抗体とペプチド

PDK1 antibody (ab31406)

  • Clonality : P
  • Applications : ELISA, ICC/IF, IHC-P, WB
  • Reactivity : Hu, Ms, Rat

Hamartin antibody (ab32936)

  • Clonality : P
  • Applications : ICC/IF, IHC-P, WB
  • Reactivity : Hu, Ms

mTOR antibody (ab2732)

  • Clonality : P
  • Applications : ICC, IHC-Fr, IHC-P, IP, WB
  • Reactivity : Hu, Ms, Rat

RICTOR antibody (ab32892)

  • Colonality : P
  • Applications : ELISA, ICC/IF, IHC-P
  • Reactivity : Hu, Ms, Dog

mTOR シグナル伝達関連抗体

ターゲット名

交差種

適用・アプリケーション

文献

Abreview
数 評価

製品番号

eIF4EBP1Rabbit-Poly Ms, Rat, Hu, PigEMSA, IP, WB5 2 ab2606
AKT1Rabbit-PolyMs, AGMkWB2 ab18206
DEPDC6Mouse-PolyHuWB ab67774
LKB1Rabbit-Poly Ms, Hu, Zfsh, AGMkICC/IF, IHC-P, WB1 2 ab58786
LKB1Rabbit-PolyHu, MsELISA, ICC/IF, WB1 1 ab63473
mTORRabbit-PolyHuICC/IF, IHC-P, WB 1 ab45989
mTORRabbit-PolyHuELISA, WB1 ab1093
mTORRabbit-PolyICC/IF2 1 ab45996
mTORHuman-Poly ab46195
mTORRabbit-PolyHu, Ms, RatELISA, WB1 ab63552
mTORRabbit-Poly Ms, Rat, Hu, EquICC, IHC-Fr, IHC-P, IP, WB8 9 ab2732
Pyruvate Dehydrogenase Kinase 1Rabbit-PolyHu, Rat ab73335
PRAS40Rabbit-PolyHuELISA, WB ab59171
PTENHu, Ms, RatFlow Cyt, ICC/IF, IP, WB13 6 ab32199
PTENHu, Ms, RatICC, IHC-P, WB ab76431
RaptorRabbit-Poly Ms, Rat, HuICC/IF, WB3 3 ab5454
RaptorHu, Ms, RatFlow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB5 3 ab40768
PDK1Rabbit-PolyHu, Ms, RatELISA, ICC/IF, IHC-P, WB5 6 ab31406
DDIT4Rabbit-PolyHuELISA, IHC-P, WB3 1 ab63059
RHEBRabbit-PolyHu, Ms, RatICC/IF, IHC-P, WB3 1 ab25873
RICTORRabbit-Poly HuIP, WB1 ab70373
RICTORGoat-PolyELISA, ICC/IF, IHC-P1 1 ab32892
S6KRabbit-PolyHu, Ms, Rat, Cow, Pig, RbELISA, IP, WB4 6 ab9366
SGK1Rabbit-PolyHu, Ms, RatELISA, ICC/IF, IHC-FoFr, IHC-P, WB5 ab59337
SGK1Rabbit-PolyHu, MsICC/IF, IHC-P, WB1 3 ab43606
SIN1Rabbit-Poly Ms, HuIP, WB2 ab71152
HamartinRabbit-PolyHuICC/IF, IHC-P, WB ab21632
HamartinRabbit-PolyHu, MsICC/IF, IHC-P, WB4 1 ab32936
TuberinRabbit-PolyHuWB ab41976
TuberinRabbit-PolyHuELISA, IHC-P1 ab59269
TuberinHuFlow Cyt, ICC/IF, IHC-P, IP, WB1 ab52936

mTOR シグナル伝達関連ペプチド

ターゲット名

由来

容量

製品番号

mTORHuman-Poly100 μgab46195
Pyruvate Dehydrogenase Kinase 1Human-Poly100 μgab73334
SGK1Human-Poly100 μgab43605

コメント (承認されるまでコメントは表示されません)
登録