Welcome to the Abcam blog

今年もお世話になりました

皆様の 2013 年はどのような年だったでしょうか?

2013 年のアブカム卓上カレンダーのテーマは、モリーと一緒に過去をさかのぼり、世界を変えた科学技術の歴史上の大事件を追体験する "Scientific discoveries" でした。その 「大事件」 の中にはアブカムと深く関わりを持つものがありました。1975 年はモノクローナル抗体の作製法が開発された年であり (カレンダー 11 月)、1996 年はアブカムのマスコットである羊のモリーのアイデアの元となった、クローン羊・ドリーが誕生した年でした (カレンダー 9 月)。科学技術の歴史上の 2013 年は、ヒッグス粒子の存在が実証された年として (カレンダー 6 月) 記憶されるかもしれません (アブカムと直接の関係は薄そうですが)。

アブカムの 2013 年は、設立 15 周年を記念して 「15th anniversary コンテスト」 や 「モリー・カレンダー・アート・コンテスト」 を実施した年でした。また 「Alexa Fluor® 標識二次抗体」、「SimpleStep ELISATM キット」、「ウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb® の受託作製」 など、皆様のニーズにお応えする新製品、新サービスをリリースした年であり、また 2011 年に震災で中止となった松島での国際シンポジウム 「Neurogenesis」 の開催にこぎつけることができた年でもありました。

皆様の 2013 年はどのような年だったでしょうか? また来年 2014 年をどのような年にしたいと考えていらっしゃいますでしょうか? 長期的な展望に立って考えている方もいらっしゃると思います。展望はさておき年度末の (とりあえずの) ゴールに向けてがむしゃら・・・という方のほうが多いかもしれません。いずれにせよアブカムは、来年も引き続き研究者の皆様のお手伝いさせていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

皆様の 2014 年が良い年になりますように。

Wishing you every success for 2014 !

皆様の 2013 年はどのような年だったでしょうか?

2013 年のアブカム卓上カレンダーのテーマは、モリーと一緒に過去をさかのぼり、世界を変えた科学技術の歴史上の大事件を追体験する "Scientific discoveries" でした。その 「大事件」 の中にはアブカムと深く関わりを持つものがありました。1975 年はモノクローナル抗体の作製法が開発された年であり (カレンダー 11 月)、1996 年はアブカムのマスコットである羊のモリーのアイデアの元となった、クローン羊・ドリーが誕生した年でした (カレンダー 9 月)。科学技術の歴史上の 2013 年は、ヒッグス粒子の存在が実証された年として (カレンダー 6 月) 記憶されるかもしれません (アブカムと直接の関係は薄そうですが)。

アブカムの 2013 年は、設立 15 周年を記念して 「15th anniversary コンテスト」 や 「モリー・カレンダー・アート・コンテスト」 を実施した年でした。また 「Alexa Fluor® 標識二次抗体」、「SimpleStep ELISATM キット」、「ウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb® の受託作製」 など、皆様のニーズにお応えする新製品、新サービスをリリースした年であり、また 2011 年に震災で中止となった松島での国際シンポジウム 「Neurogenesis」 の開催にこぎつけることができた年でもありました。

皆様の 2013 年はどのような年だったでしょうか? また来年 2014 年をどのような年にしたいと考えていらっしゃいますでしょうか? 長期的な展望に立って考えている方もいらっしゃると思います。展望はさておき年度末の (とりあえずの) ゴールに向けてがむしゃら・・・という方のほうが多いかもしれません。いずれにせよアブカムは、来年も引き続き研究者の皆様のお手伝いさせていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

皆様の 2014 年が良い年になりますように。

Wishing you every success for 2014 !

コメント (承認されるまでコメントは表示されません)
登録