Welcome to the Abcam blog

Neuroscience ピックアップ情報バックナンバー

ピックアップ情報バックナンバー

Article 

神経細胞マーカー Article
神経細胞マーカーマーカー・タンパク質を抗体で特異的に染色し、イメージングを行うことは、細胞の分別、機能解析に有用です。

神経細胞マーカー NeuN/FOX3 と抗体 Article
神経細胞マーカーとしての NeuN の検出は NeuN 抗体を用い、免疫組織染色、免疫細胞染色、フローサイトメトリーなど、さまざまなアプリケーションで行なわれます。

パーキンソン病の概要 Article
パーキンソン病は古くから知られ、研究が進められている疾患であるにもかかわらず、バイオ・マーカーによる確実な診断法や治療法は、未だに確立されていません。

パーキンソン病研究に有用な高品質な抗体 Article
マイケル・J・フォックス研究財団とアブカムが共同開発した、パーキンソン病研究に有用なウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb® を、特別価格にて販売しています。

タウタンパク質とアルツハイマー病 Article
アルツハイマー病の脳では、異常にリン酸化された神経軸策内のタウタンパク質が樹状突起スパインへ転移し、神経変性が引き起こされます。

神経細胞におけるカルシウム・シグナル伝達 Article
ニューロンにおいてカルシウムは、電荷キャリアと細胞内メッセンジャーという二つの役割を担っています。なぜ、細胞内に普遍的に存在するカルシウムが、独立して働いている複数のプロセスを、個々にかつ同時に制御できるのでしょうか?

ピックアップ情報バックナンバー

Article 

神経細胞マーカー Article
神経細胞マーカーマーカー・タンパク質を抗体で特異的に染色し、イメージングを行うことは、細胞の分別、機能解析に有用です。

神経細胞マーカー NeuN/FOX3 と抗体 Article
神経細胞マーカーとしての NeuN の検出は NeuN 抗体を用い、免疫組織染色、免疫細胞染色、フローサイトメトリーなど、さまざまなアプリケーションで行なわれます。

パーキンソン病の概要 Article
パーキンソン病は古くから知られ、研究が進められている疾患であるにもかかわらず、バイオ・マーカーによる確実な診断法や治療法は、未だに確立されていません。

パーキンソン病研究に有用な高品質な抗体 Article
マイケル・J・フォックス研究財団とアブカムが共同開発した、パーキンソン病研究に有用なウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb® を、特別価格にて販売しています。

タウタンパク質とアルツハイマー病 Article
アルツハイマー病の脳では、異常にリン酸化された神経軸策内のタウタンパク質が樹状突起スパインへ転移し、神経変性が引き起こされます。

神経細胞におけるカルシウム・シグナル伝達 Article
ニューロンにおいてカルシウムは、電荷キャリアと細胞内メッセンジャーという二つの役割を担っています。なぜ、細胞内に普遍的に存在するカルシウムが、独立して働いている複数のプロセスを、個々にかつ同時に制御できるのでしょうか?

コメント (承認されるまでコメントは表示されません)
登録