All tags IgG アイソタイプ・コントロールを選ぶポイント

Isotype control guide

アイソタイプ・コントロールを選ぶポイント

フローサイトメトリーや免疫組織染色の結果を正しく評価するためには、アイソタイプ・コントロール抗体を使用してください

アイソタイプ・コントロール(Isotype control)抗体は特定の抗原とは反応しない抗体で、フローサイトメトリーや免疫組織染色で得られた結果を正しく評価するための、ネガティブ・コントロールとして使用します。

抗体を用いた実験においては、ターゲット以外のタンパク質との非特異的な結合や、細胞表面上の Fc レセプターとの結合によって、バックグラウンドが発生する可能性があります。そこで、ターゲットに対する一次抗体の反応が特異的であることを明確にし、バックグラウンドの影響を排除した本来のシグナルの強さを正確に解釈するためには、ネガティブ・コントロールとなる抗体を使用した実験が必要です。抗体の、Fc レセプターとの結合や二次抗体との反応性は、抗体のアイソタイプによって特有ですので、そのネガティブ・コントロールはターゲットに対する一次抗体と同じアイソタイプを用いることが必要です。ここでは、正しいアイソタイプ・コントロールを選択し、使用する際のポイントをご紹介します。


正しいアイソタイプ・コントロール抗体を選ぶには

1. アイソタイプ・コントロール抗体は、ターゲットに対する一次抗体と、次を一致させてください。

  • ホスト動物種
  • アイソタイプ(サブクラス)
  • 標識物

例えば一次抗体が 標識マウスモノクローナル抗体であるなら、アイソタイプ・コントロールも同様、標識マウスモノクローナル抗体を選択します。

2.アイソタイプ・コントロールの使用濃度および反応条件は、一次抗体と同じにしてください。

3.アブカムには未標識はもちろん、Alexa Fluor®、HRP、ビオチン、PE、FITC、アガロースなど、さまざまな標識がされたアイソタイプ・コントロール抗体をご用意しています。一次抗体のアイソタイプと標識物に応じたアイソタイプ・コントロール抗体をお選びください。


アイソタイプ・コントロール抗体一覧


ホスト動物種

アイソタイプ

ホスト動物種

アイソタイプ

マウス

IgG, IgG1, IgG2a, IgG2b, IgG3

IgM

IgA

IgE

ラット



IgG, IgG1, IgG2a, IgG2b, IgG2c

IgM

ウサギ

IgG

IgM

アルメニア・ハムスター


IgG

​IgM

ニワトリ

IgY

シリアン・ハムスアー

IgG

ヒツジ


IgG

ヤギ

IgG



特におすすめのアイソタイプ・コントロール抗体製品


製品番号

製品概要

アプリケーション


ab172730

Rabbit monoclonal, IgG

ICC/IF, Flow Cyt, IHC-P

RabMAb®

ab171870

Rabbit polyclonal, IgG

WB, ChIP, IP


ab171463

Mouse monoclonal, IgG1 (Alexa Fluor® 488)

Flow Cyt, ICC/IF, IHC-P

Alexa Fluor®




Alexa Fluor® is a registered trademark of Life Technologies. Alexa Fluor®​ dye conjugates contain(s) technology licensed to Abcam by Life Technologies.