All tags Primary antibodies 抗体の品質と評価の基準を向上させる

抗体の品質と評価の基準を向上させる

アブカムは「Raising antibody standard」と題する文書(Whitepaper)を作成しています。


実に約 70 % もの研究者が「論文に掲載されている実験が再現できなかったという経験を持つ」との報告1 があるように、現在世界的に、自然科学の分野における「実験の再現性」に関する問題が持ち上がっています。この問題は科学研究の将来に多大な影響を及ぼすと考えられ、深く考えていかなければなりません。

この問題の原因のひとつに、遺憾ながら抗体の品質と再現性の低さが指摘されています。アブカムは抗体メーカーとしてこの状況を鑑み、抗体の品質水準を向上させるための最新の製造技術の導入と、評価方法の向上に取り組んで来ました。この文書はこのようなアブカムの取り組みを解説したものです。その取り組みは、主に次のような 4 つのアプローチから成ります。

  • ノックアウト評価(KO 評価)により抗体の特異性を確実なものとすること
  • 抗体試薬の製造法と維持方法を高度に標準化すること
  • 手持ちのデータをすべてオープンにし、Abreview を初めとしたユーザーからのフィードバックを製品に反映させること
  • 新しい技術を世界に先駆けて導入し、有用でニーズの高い製品を生み出し続けること


Whitepaper は、下の画像をクリックしてダウンロードしてください。


参考文献
1. Baker, M. Nature 533, 452–454 (2016).

登録