All tags NF-kB NF-κB インタラクティブ・パスウェイ

NF-κB インタラクティブ・パスウェイ


NF-κB の活性化とシグナル伝達における 2 つの経路、古典的経路および非古典的経路を図示しました。​

​​​​​NF-κB(Nuclear factor kappa-light-chain-enhancer of B cells; NF カッパ B)は転写因子として働くタンパク質複合体で、免疫系の調節、細胞の分化および増殖、発癌、アポトーシスなど、さまざまな生命活動に関与しています。複合体を構成するタンパク質(NF-κB ファミリー)は、哺乳類では p50、p52、p65(RelA)、c-Rel、RelB の 5 種類が知られています。


NF-κB exists freely in the cytoplasm, where it is inhibited by IκB proteins. In the canonical pathway, NF-κB activation occurs through the phosphorylation, ubiquitination and subsequent proteosomal degradation of IκB. 

Non-cononical activation involves phosphorylation and processing of the p52 precursor, p100 into the mature protein and subsequent nuclear translocation of the RelB:p52 heterodimer.

通常の状態では NF-κB は細胞質に存在する IκB タンパク質と結合し、不活化されています。その不活化 NF-κB を活性化へと導くシグナル伝達には、古典的(Canonical)と非古典的(Non-canonical)の二種類の経路が知られています。これら二種類の経路に共通する制御機構は、IκB をリン酸化する酵素 IκB キナーゼ(IKK)複合体の活性化です。