All tags Immunology Chemokine signaling interactive pathway

Chemokine signaling interactive pathway

Chemokines are a family of small cytokines (~8kDa) whose main function is to attract immune system cells at sites of inflammation. This pathway highlights the different classes of chemokines, their receptors and how chemokine signaling activates JAK/Stat, Ras, ERK and Akt pathways.

Chemokine (ケモカイン) は免疫細胞の分化・増殖、白血球の活性化などに関与する、免疫系の機能に不可欠なタンパク質群である。ケモカインには、インテグリンの活性化、走化性の誘導、スーパーオキシド・ラジカルの産生、顆粒酵素の放出など、白血球のさまざまなエフェクター機能を刺激する作用がある。ケモカインには厳密な結合特異性があり、またその発現は高度に調節されている。したがってケモカインの活性をコントロールすることで、白血球サブセット選択的に作用し、炎症、感染症、線維化、血管新生などを対象とする新しいタイプの治療薬を開発できる可能性がある。

登録