All tags Cancer アポトーシス・パスウェイ・カード

アポトーシス・パスウェイ・カード

細胞死シグナルの誘導、カスパーゼの活性化、細胞の貪食へと進行するアポトーシスの経路を図示しました。

パスウェイの概要

  • アポトーシス(Apoptosis)を引き起こす内在的および外因的な要因
  • カスパーゼ(Caspase)の活性化とカスパーゼ・カスケードの進行
  • アポトーシス細胞の貪食

アポトーシスをはじめとしたプログラム細胞死(Programmed cell death)の研究は、老化の防止や病気の治療において役立つことが期待されます。

アポトーシスが引き起こされる要因には、虚血、酸化ストレス、DNA 損傷などの内在的なものと、細胞表面上のデス・レセプター(Death receptor)へのリガンドの結合を介する外因的なものがあります。

要因が内在的なものであっても外因的なものであっても、アポトーシスはカスパーゼにより誘導され、また進行します。進行すると細胞骨格系タンパク質や核膜を構成するラミン(Lamin)はプロテアーゼの一種であるカスパーゼによって分解され、DNA は断片化され、最終的にアポトーシス細胞は貪食されます。

アポトーシス・パスウェイ・カード(PDF版)はこちらからダウンロードできます。


ポスター・ライブラリーで、その他カードやポスターをご覧いただけます。

登録