ab80885 を使用した論文を発表された方は、こちらまでお知らせください。データシートに掲載させていただきます。

ab80885 は 1 報の論文で使用されています。

  • Araki A  et al. Chromosome 1q gain and tenascin-C expression are candidate markers to define different risk groups in pediatric posterior fossa ependymoma. Acta Neuropathol Commun 4:88 (2016). IHC . PubMed: 27550150

Please note: All products are "FOR RESEARCH USE ONLY AND ARE NOT INTENDED FOR DIAGNOSTIC OR THERAPEUTIC USE"