All tags kits マルチプレックスから ELISA へ

マルチプレックスから ELISA へ

イムノアッセイも抗体のエキスパートであるアブカムにお任せください。


ELISA などのイムノアッセイ・キットの特異性と信頼性を担保するに当たって最も重要なのは、キットに使用されている抗体であると断言できます。アブカムには、実績十分で論文に掲載されている抗体が数多くラインアップされています。アブカムのイムノアッセイ・キットには、そのような抗体が使用されています。

一サンプル中の多種類の測定項目を同時に測定したい場合(Multiplex)、単純に一サンプル中の一種類の測定項目を測定したい場合(Simplicity)、サンプル数が多いので条件を調整しスケールを拡張したい場合(Flexibility)、いずれの場合でもアブカムには対応できるおすすめのキットがあります。

– Multiplex: FirePlex® immunoassays
– Simplicity: SimpleStep ELISA® kits
– Flexibility: Matched antibody pair kits


Multiplex: FirePlex® immunoassays

FirePlex は、一サンプル中の多種類の測定項目を定量することができる、フローサイトメーターを用いたマルチプレックス・アッセイ・キットです。測定項目は自由にカスタマイズでき、最大 75 種類まで設定できます。使用できるサンプルは血漿、血清、尿などで、必要量はわずか 12.5 μL です。また高性能なモノクローナル抗体とアブカム独自の技術である多孔質 FirePlex 粒子を組み合わせたことにより、5 pg/mL という高い感度と、10 万倍という広いダイナミックレンジを実現しています。なおこのアッセイに関しては、受託での測定も承っています。

FirePlex の感度は Luminex よりも格段に高い。44 種類のヒト・サイトカインおよび 50 種類のマウス・サイトカインに関して、FirePlex immunoassay で検出限界を算出してその値を平均し、主要な Luminex 対応キットの検出限界と比較した。



FirePlex で測定できる対象物は、他社のマルチプレックス・アッセイよりも多い。マウス・サイトカイン、ヒト・サイトカイン共に、FirePlex immunoassay は他社のマルチプレックス・アッセイ・キット(A および B:ビーズを用いてフローサイトメーターで測定、C:独自技術により測定)よりも、測定できる対象物(測定項目)の数が多い。FirePlex のバーのうち赤は 2017 年 4 月時点での数。ピンクは 2017 年 7 月時点での数。



FirePlex について



SimpleStep ELISA キットは、簡単な操作(たった一度のインキュベーションと洗浄)で早く結果が得られる、96 ウェル・マイクロプレート・フォーマットのサンドイッチ ELISA キットです。データが得られるまでの時間は、3 時間以上であったこれまでのキットとは違い、たった 90 分です。時間が短いだけではありません。キットにはウサギモノクローナル抗体 RabMAb などの高性能な抗体が用いられており、感度、バラツキなどの性能はこれまでのキットを凌駕しています。

SimpleStep ELISA で感度の問題を解決。競合他社の ELISA キットの感度と SimpleStep ELISA kit の感度を比較した。多くの測定項目で、SimpleStep ELISA kit の方が高かった。



ELISA kit について



Matched antibody pair kit(ELISA 用抗体ペア・キット)は、固相化用抗体、検出用抗体(ビオチン標識)、抗原タンパク質のセットで、研究者自らがサンドイッチ ELISA を構築するための製品であり、反応条件のカスタマイズやスケールの拡張に便利です。抗体はウサギモノクローナル抗体 RabMAb などの高性能なものが選ばれており、その多くはロット間の差が極めて小さい、リコンビナント抗体です。

Matched antibody pair kit は感度が高い。Matched antibody pair kit(赤)と競合他社のキット(グレー)の測定範囲を比較した。多くの測定項目で Matched antibody pair kit の方が、感度が高かった(検出限界が低かった)。



Matched antibody pair kit について
















登録