All tags ELISA kits メンブレン抗体アレイ

Antibody arrays

メンブレン抗体アレイ

タンパク質発現のプロファイリングに

メンブレン抗体アレイは、1 枚のメンブレン上でサンドイッチ ELISA 様の反応を行わせることにより、手軽に複数のタンパク質発現を同時に検出することができる便利なキットです。

ア ブカムのメンブレン抗体アレイには血管新生 Angiogenesis、サイトカイン Cytokine、アポトーシス Apoptosis などの分野のキットがあり、各キットのメンブレンにはその分野に関わるタ-ゲット・タンパク質 (例:血管新生の場合 bFGF、TIMP-1、VEGF など 20 種類) に対する抗体が固相化されています。

プロトコールの概要はこちらをご覧ください (PDF 英文)。

培養上清や血清などのサンプル溶液中にメンブレンを浸してインキュベートし、洗浄後、酵素標識抗体ミックスとインキュベートします。洗浄後、酵素反 応 (呈色または化学発光) を行います。サンプル中にターゲットタンパク質が存在する場合、メンブレン上のスポットとして可視化されます。

メンブレン抗体アレイの特長

  • サンプル中の複数のターゲットタンパク質を同時に検出できます。画像解析ソフトウェアを利用すれば半定量の解析も可能です。
  • ELISA および 質量分析と比較し、多くのメリットがあります (次項目参照)。
  • 特別な機器は必要ありません。ウェスタン・ブロット用の検出システムがそのまま利用できます。
  • 化学発光の検出システムも利用できます。
  • Image J などの汎用画像解析ソフトウェアが利用できます。Image J はこちらからダウンロードできます。
  • Li-Cor® の検出システムにも対応しています。Li-Cor® 検出システムのプロトコールはこちらをご参照ください。

ELISA および質量分析との比較



ELISA

抗体アレイ

質量分析

ターゲット既知既知未知
解析方法タンパク質の量タンパク質の量イオンの量
測定方法抗原抗体反応抗原抗体反応原子への荷電性
測定可能種類単一複数複数 ・ 同時
同時検出できるタンパク質の種類15001,000
サンプルあたりのコスト低いELISAよりもさらに低い高い
感度ナノモル ・ レベルピコモル ・ レベルアトモル ・ レベル
定量性あり半定量的なし
測定サンプル量マイクロリットル ・ レベルマイクロリットル ・ レベルごく少量
プロトコールの煩雑さシンプルシンプル複雑
セットアップコスト低いELISAよりもさらに低い測定機器が高価
使いやすさ簡単簡単簡単とは言えない
再現性高い高い

メンブレン抗体アレイの使用例

  • 炎症性疾患患者の血清における、複数のサイトカインの発現プロファイリング
  • 癌患者の血清における、複数のバイオマーカーの発現プロファイリング
  • PCR、遺伝子マイクロアレイ、ウエスタン・ブロットなどの実験結果の確認
  • 炎症による活性化タンパク質の変動の検出 (ぜんそくにおける炎症過程の追跡など)
  • 健常人と患者、薬剤処理の前後など、異なる条件下のサンプルにおける複数のタンパク質の発現量比較
登録