All tags Matched antibody pair kits マウス・サンプルを ELISA で測定するなら

マウス・サンプルを ELISA で測定するなら

マウス・サンプルを ELISA で測定するのであれば、ウサギ・モノクローナル抗体を使用したキットが圧倒的に有利です。

現在研究用の抗体で最も種類が多いのはウサギ・ポリクローナル抗体だと思われますが、ELISA キットに使用されている抗体として最も多いのはウサギ・ポリクローナル抗体ではなく、マウス・モノクローナル抗体です。なぜなら、定量性と一貫性が要求される ELISA キットには、ロット間にバラツキが生じやすいウサギ・ポリクローナル抗体は明らかに不適であるからです。マウス・モノクローナル抗体であればロット間のバラツキの点ではほとんど問題はありません。ただしマウス・モノクローナル抗体を使用した ELISA キットにも問題はあります。それは、サンプルがマウス由来の場合です。マウス・モノクローナル抗体は、自己成分であるマウス由来タンパク質に対する反応性が低いため、ELISA キットの感度も低くなってしまうのです。

アブカムのワン・ステップ ELISA キット SimpleStep® ELISA Kit とサンドイッチ ELISA 作成用抗体セット Matched Antibody Pair Kit のマウス・サンプル用製品の多くは、マウス・モノクローナル抗体ではなくウサギ・モノクローナル抗体が用いられています。元々ウサギ・イムノグロブリンは、その抗体親和性がマウス・イムノグロブリンの 100 倍ほど高いと言われていますので、マウス・サンプルを ELISA で測定するのであれば、ウサギ・モノクローナル抗体を使用した方が圧倒的に有利です。


ウサギ・モノクローナル抗体を用いたキットの感度

ウサギ・モノクローナル抗体を使用した Mouse IL-1a SimpleStep® ELISA Kit(ab199076)の感度は、下表に示す通り、ウサギ・モノクローナル抗体を使用していない ELISA キットの約 10 倍ほどになります。また SimpleStep® ELISA Kit は、バラツキが小さいことも分かります。なお、SimpleStep® ELISA Kit において捕捉抗体と検出抗体それぞれで用いられているウサギ・モノクローナル抗体のセットが、Mouse IL-1a Matched Antibody Pair Kit(ab210893)として入手可能です。

製品測定範囲(pg/mL)

感度

(pg/mL)

同時再現性 CV日差再現性 CV

Mouse IL-1a SimpleStep ELISA kit (ab199076)

4.69–3000.622.31%4.78%

Mouse IL-1a ELISA kit (ab113344)

12.23–30001010%10%

マウス・サンプルに対する SimpleStep® ELISA Kit 製品一覧

マウス・サンプルに対する Matched Antibody Pair Kit 製品一覧

登録