All tags Cancer 腫瘍バイオマーカー・ガイド

腫瘍バイオマーカー・ガイド

肺癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌の腫瘍バイオマーカー

世界中のがん患者のおおよそ半数は、肺癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌の 4 種類であると言われています。これら癌の診断、予後の予測、状態のモニターなどに利用されている、あるいは有望なバイオマーカーは各種あります。

しかしながら癌の診断やモニターをある単一のバイオマーカーの測定のみで行なうのは現実的ではありません。なぜなら癌は単一の原因で発症するわけではなく、またその病態は様々だからです。複数のバイオマーカーを組み合わせることで、感度と特異性がより高い情報を得ることができるようになります。

それぞれの癌について、利用されているあるいは有望なバイオマーカーの組み合わせと、その組み合わせに関する文献をまとめました。

腫瘍

バイオマーカーの組み合わせ

用途

参照文献番号

肺癌


APOA1, CO4A, CRP, GSTP1, and SAMP

診断

1

TP53, Ki67, MCM6, MCM7, KIAA1522, and KIAA0317

診断

2

乳癌



ER, HER2, Ki67, p53, cyclin D1, COX-2, caveolin-1, survivin, and PPAR-γ

予後の予測

3

HER2, c-myc, p53, BRCA1, BRCA2, Ny-ESO-1, and MUC1

診断

4

Ki67, p53, HER2, CK5/6, CK14, EGFR, FOXA1, GATA3, and P-cadherin

予後の予測

5

大腸癌

VEGF, p53, Ki67, and EGFR

予後の予測

6

IGFBP2, DKK3, and PKM2

診断

7

前立腺癌

CTC numbers, and LDH

予後の予測

8

AZGP1, MUC1, and p53

予後の予測

9

PSA, Kallikrien-4, MCM5/7, IL6, sIL6R, and PCA3*

診断

10

* それぞれは単独で有望なマーカーの候補ですが、この組み合わせでの試験は行なわれていません。詳細はReference 10 をご参照ください。
APOA1 = apolipoprotein A-I, CO4A = complement C4-A, CRP = C-reactive protein, SAMP = serum amyloid P-component, TP53 = tumor protein 53 (p53), MCM5/6/7 = minichromosome maintenance complex component 5/6/7, KIAA1522 and KIAA0317 = uncharacterized proteins, ER = estrogen receptor, HER2 = human epidermal growth factor 2, COX-2 = cyclooxygenase 2, PPAR-γ = peroxisome proliferator-activated receptor gamma, Ny-ESO-1 = a cancer-testis antigen, CK5/6 = cytokeratin 5/6, CK14 = cytokeratin 14, EGFR = epidermal growth factor, FOXA1 = forkhead box protein A1, VEGF = vascular endothelial growth factor, IGFBP2 = insulin-like growth factor binding protein 2, DKK3 = Dickkopf3, PKM2 = pyruvate kinase 2, CTC = circulating tumor cells, LDH = lactate dehydrogenase, AZGP1 = alpha-2-glycoprotein 1, MUC1 = cell surface-associated mucin 1, sILR6 = soluble Interleukin-6 receptor PSA = prostate specific antigen, PCA3 = prostate cancer gene 3


肺癌


乳癌

  • 非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ; DCIS)患者の血清について、ER、Her2、Ki67、p53、Cyclin D1、COX-2、Caveolin-1、Survivin、PPAR-γ の 9 種類のバイオマーカーを測定したところ、Her2 と Ki67 の 2 種類のマーカーについて、再発患者と原発性癌患者の間で顕著な差が認められました。乳菅内でネクローシスを起こした細胞内における Her2 と Ki67 の検出は、非浸潤性乳管癌患者の再発リスク分類に有用であると思われます3
  • 初期乳癌患者、非浸潤性乳管癌患者、健常人それぞれの血清について、Her2、c-Myc、p53、BRCA1、BRCA2、Ny-ESO-1、MUC1 の 7 種類のバイオマーカーを測定したところ、特異性は 91-98 %、感度は初期乳癌患者で 64 %、非浸潤性乳管癌患者において 45 % の感度がそれぞれ得られました。また7 種類中 6 種類のバイオマーカーを用いた場合でも、85 % の特異性が得られました4
  • 菅腔細胞型乳癌(Luminal-type breast cancer)患者では Ki67 と p53 が予後の予測因子として有用でした。またこの二つを組み合わせた多変量解析は、ホルモン・レセプター(Estrogen Receptor および Progesteron Receptor)陽性乳癌患者の予後の予測にも有用でした5

大腸癌

  • VEGF、p53、Ki67、EGFR が強発現している散発性結腸直腸腺癌(Sporadic colorectal adenocarcinoma)患者は予後生存期間が短い傾向があるので、根治的な外科治療を行なうことが望ましいことが明らかになりました6

前立腺癌


関連製品

おすすめの腫瘍マーカー抗体

腫瘍関連マルチプレックス miRNA アッセイ・キット

マルチプレックス miRNA アッセイ・キットについてより詳しくはこちら

組織マイクロアレイ(TMA) 肺癌 / 乳癌 / 大腸癌 / 前立腺癌

ライゼート 肺組織 / 胸部組織 / 大腸組織 / 前立腺組織

なお、これまで利用されてきたがんのバイオマーカーのほとんどはタンパク質または糖でしたが、近年ではマイクロ RNA(miRNA)も注目され、その検出・測定法の開発が進んでいます。

References

1.        Uribarri, M. et al. A New Biomarker Panel in Bronchoalveolar Lavage for an Improved Lung Cancer Diagnosis. J. Thorac. Oncol. 9, 1504–1512 (2014).

2.        Liu, Y.-Z. et al. A panel of protein markers for the early detection of lung cancer with bronchial brushing specimens. Cancer Cytopathol. 122, 833–41 (2014).

3.        Davis, J. E. et al. Her2 and Ki67 Biomarkers Predict Recurrence of Ductal Carcinoma in Situ. Appl. Immunohistochem. Mol. Morphol. 24, 20–5 (2016).

4.        Zaenker, P. & Ziman, M. R. Serologic autoantibodies as diagnostic cancer biomarkers - A review. Cancer Epidemiol. Biomarkers Prev. 22, 2161–2181 (2013).

5.        Kobayashi, T. et al. A simple immunohistochemical panel comprising 2 conventional markers, Ki67 and p53, is a powerful tool for predicting patient outcome in luminal-type breast cancer. BMC Clin. Pathol. 13, 5 (2013).

6.        Luderer, L. et al. Significance of a Biomarkers Immunohistochemistry Panel for Survival Prognostic in Patients with Sporadic Colorectal Cancer. Ann. Clin. Pathol. 3, 105 (2015).

7.        Fung, K. Y. C. et al. Blood-based protein biomarker panel for the detection of colorectal cancer. PLoS One 10, 1–11 (2015).

8.        Sidaway, P. Prostate cancer: New biomarker panel prognosticates patient survival. Nat. Rev. Clin. Oncol. 12, 310–310 (2015).

9.        Severi, G. et al. A three-protein biomarker panel assessed in diagnostic tissue predicts death from prostate cancer for men with localized disease. Cancer Med. 1–9 (2014). doi:10.1002/cam4.281

10.      Martin, S. K., Vaughan, T. B., Atkinson, T., Zhu, H. & Kyprianou, N. Emerging biomarkers of prostate cancer (Review). Oncol. Rep. 28, 409–417 (2012).

登録