Welcome to the Abcam blog

RabMAb® ポータル

RabMAb® テクノロジー :高性能なウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb の概要

RabMAb は、ウサギ由来抗体の優れた抗原親和性と、モノクローナル抗体ならではの安定した品質、双方を兼ね備えた製品です。そのテクノロジーの概要です。

RabMAb® が選ばれる 8 つの理由:ウサギ・モノクローナル抗体を使用するメリット

RabMAb はバックグラウンドが低いこと、翻訳後修飾の検出に有用であること、免疫組織染色にも最適であることなど、使用する多くのメリットがあります。それらの理由をわかりやすくご紹介します。

RabMAb® とウサギ免疫系:なぜウサギ・モノクローナル抗体は高品質なのでしょうか?

「RabMAb テクノロジー」 は、これまでマウスやラットでは抗体を産生させることが難しかったターゲットに対しても、高い親和性と特異性を併せ持つ抗体を産み出すことを可能にしました。その理由は、ウサギがもつ免疫系の特性にあります。

KD value:抗体親和性の定量的評価

アブカムは RabMAb の抗原への親和性を、KD 値 (抗体-抗原間の平衡解離定数) を用いて定量的に評価しています。KD 値についての解説と、とマウス抗体との比較データをご紹介します。

RabMAb 受託作製サービス:高い親和性と特異性を有する抗体の受託作製

お客様の希望する抗原から、ウサギへの免疫、自社の特許技術に基づくウサギ・ハイブリドーマの樹立、抗体の精製までを受託します。マウスでの抗体作製が難しい抗原などでも、多くの実績があります。

MJFF 提供抗 LRRK 抗体:パーキンソン病研究に

パーキンソン病研究に: マイケル・J・フォックス・パーキンソン病研究財団 (MJFF) はアブカム・グループであるエピトミクス社と共同で、パーキンソン病研究に有用な LRRK2 ウサギ・モノクローナル抗体を作成しました。これら抗体はアブカムが特別価格にて販売しています。

カタログ 「33 パスウェイ・マップ」:新しいカタログを発刊しました

わかりやすいパスウェイ・マップの画像を 33 種類掲載した、見てためになる冊子です。癌、エピジェネティクス、幹細胞、脳神経科学、シグナル伝達、免疫など、あらゆる分野の研究者にお勧めです。

RabMAb Webinar:ウェブサイト・セミナー

ウサギ・モノクローナル抗体の研究用試薬としての優位性を、具体的な例を挙げてご説明しています。また、受託によるウサギ・モノクローナル抗体のカスタム作製から、診断試薬、さらには治療用抗体への、臨床への応用の可能性についても触れています (約 45 分、日本語)。

RabMAb 標準プロトコール:アプリケーション別

ウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb の反応性は、アブカムのラボにおいて、下記のプロトコールに従って行われています。 

神経発生・神経再生関連製品

神経発生・神経再生に関連するポスターおよびカードと、関連するウサギ・モノクローナル抗体の製品です。

詳細はこちら≫

幹細胞関連製品

CD 抗体をはじめとした、幹細胞研究に有用なウサギ・モノクローナル抗体をピックアップしました。

血液凝固関連製品

最新の知見を盛り込んで作成した血液凝固カスケードの模式図と、関連するウサギ・モノクローナル抗体を紹介しています。

造血系・間葉系幹細胞関連製品

造血系および間葉系幹細胞から骨細胞、筋細胞、線維芽細胞、各種血球細胞への分化経路をまとめたカードと、関連するウサギ・モノクローナル抗体を紹介しています。

癌細胞関連製品

c-Myc、p53、VEGFなどをはじめとした癌関連ターゲットの抗体の中から、ウサギ・モノクローナル抗体をピックアップしました。

フォーマットは精製抗体へ

You spoke, we listened: 研究者の皆様からのご要望にお応えし、これまで 「培養上清」 が中心であったウサギ・モノクローナル抗体 RabMAb 製品は今後すべて、「精製抗体」 として提供させていただきます。ご注文時と納品時でフォーマットが異なる可能性がありますので、その点お含み置きください。「精製抗体」 の RabMAb 製品には、ラベルに "PUR" との表記があります。

コメント (承認されるまでコメントは表示されません)
Comments are not allowed for this entry.
登録