Welcome to the Abcam blog

Mitochondrial dynamics Mitophagy and Autophagy ポスター

マイトファジーやオートファジーなど、いわゆる 「ミトコンドリアのダイナミクス」 を図示したポスターです。

PDF 版 (1.4 MB) のダウンロードはこちらからどうぞ。印刷版 (ポスター) をご希望の方は、お名前、所属、送付先、電話番号、ご利用販売店をご明記の上、メールでご請求ください。

ミトコンドリア内部への
タンパク質輸送システム
ミトコンドリアの分裂と融合マイトファジー

ミトコンドリアを構成するタンパク質の大部分は核内 DNA にコードされており、N 末端にシグナル配列が付加された状態で合成されます。合成されたそれらタンパク質は細胞質を通り、ミトコンドリア外膜および内膜を通過してミトコンドリア内部に輸送されますが、その通過においてはTOM (ミトコンドリア外膜トランスロケーター) や TIM (ミトコンドリア内膜トランスロケーター) が重要な働きをすることが知られています。

ミトコンドリアは分裂と融合を頻繁に繰り返します。融合が活性化するとより長くつながった構造が形成され、逆に分裂が活性化すると小さな断片化した形状が増えるなど、ミトコンドリアの形態をダイナミックに変化させます。

ミトコンドリアは生命活動のためのエネルギーを供給しますが、その過程で損傷を受けると、活性酸素種の発生やチトクロム C の放出により、アポトーシスを誘導し、細胞にとって有害な存在となりえます。そこで細胞内には、損傷を受けたミトコンドリアをオートファジーの仕組みを用いて選択的に除去する、マイトファジーという機構が存在します。この機構はミトコンドリア膜電位の脱分極などをシグナルとしてスタートすることが知られています。

ミトコンドリア内部へのタンパク質輸送システム、ミトコンドリアの分裂と融合、マイトファジーに関する詳細は、こちらのレビュー (英文) をご参照ください。ミトコンドリア関連製品一覧はこちらをご覧ください。


コメント (承認されるまでコメントは表示されません)
登録