Welcome to the Abcam blog

メールマガジン 17.10.11 miRNA 抗体ガイド ErbB2

1. マルチプレックス miRNA アッセイ

たった 20 µL の液量で 68 サンプルを同時測定。操作は簡単。

説明を見る ≫

2. 抗体ガイド 5. フォーマットと精製方法

抗体製品を適切に使用するために知っておきたい。

解説を読む ≫

3. ErbB おすすめ製品

高品質な抗体、タンパク質、キットをご紹介。

製品を見る ≫


関連リンク


アブカムではこのようなメールマガジンを約週 1 回のペースでお送りしています。
  • 購読をご希望の方はメールでお知らせください。
  • メールマガジンのバックナンバーはこちら
  • メールマガジンよりも情報が早いツイッターはこちら

バイオ関連ニュース17.10.11

メールマガジン 17.10.4 細胞骨格 Lamin 製品保証

1. 標識済み細胞骨格マーカー抗体

早い、お手軽、多重染色に便利。色も豊富。

充実のラインアップ ≫

2. Lamin おすすめ製品

特に核画分のローディング・コントロールとしておすすめ。

製品を見てみる ≫

3. すべての抗体を 100 % 保証

アブカムなら安心です!

「アブプロミス」とは ≫


関連リンク


アブカムではこのようなメールマガジンを約週 1 回のペースでお送りしています。
  • 購読をご希望の方はメールでお知らせください。
  • メールマガジンのバックナンバーはこちら
  • メールマガジンよりも情報が早いツイッターはこちら

メールマガジン 17.9.27 神経炎症 カルシウム Rb

1. 神経変性疾患における神経炎症

凝集タンパク質や前炎症性物質などを検出。

ツールを探す ≫

2. Ca2+ 指示薬とイオノフォア

それぞれの物質の特性について。

解説を読む ≫

3. Retinoblastoma protein (Rb) おすすめ製品

各種リン酸化抗体やリコンビナント・タンパク質など。

製品を探す ≫


関連リンク


アブカムではこのようなメールマガジンを約週 1 回のペースでお送りしています。
  • 購読をご希望の方はメールでお知らせください。
  • メールマガジンのバックナンバーはこちら
  • メールマガジンよりも情報が早いツイッターはこちら

バイオ関連ニュース17.9.28

メールマガジン 17.9.20 神経変性 Hallmarks of cancer Rho

1. 神経変性疾患研究のために

学術記事、製品情報、プロトコールを集めました。

記事を読む ≫

2. Hallmarks of cancer

がん細胞の特性を検出・解析するためのマーカーと研究ツールについて。

記事を読む ≫

3. Rho ~ 注目ターゲットのおすすめ製品

検出や解析のための抗体やキットなど。

製品を探す ≫


関連リンク


アブカムではこのようなメールマガジンを約週 1 回のペースでお送りしています。
  • 購読をご希望の方はメールでお知らせください。
  • メールマガジンのバックナンバーはこちら
  • メールマガジンよりも情報が早いツイッターはこちら

バイオ関連ニュース17.9.15

メールマガジン 17.9.13 神経炎症 蛍光標識抗体 ユビキチン

1. 神経炎症とアルツハイマー病ポスター

炎症と神経変性疾患との関係が一目で分かります。

ダウンロードする ≫

2. 脳神経科学関連抗体

蛍光色素が直接標識された製品が多数あります。

製品を探す ≫

3. ユビキチン関連おすすめ製品

Linkage 特異的抗体やアッセイキットなど、豊富なラインアップ。

製品を探す ≫


関連リンク


アブカムではこのようなメールマガジンを約週 1 回のペースでお送りしています。
  • 購読をご希望の方はメールでお知らせください。
  • メールマガジンのバックナンバーはこちら
  • メールマガジンよりも情報が早いツイッターはこちら

miRNA ポータル

アブカムの FirePlex® マルチプレックス miRNA アッセイの特長

  • 貴重なサンプルを無駄にしません

    血清・血漿、尿などの体液サンプルをたった 20µL から測定できます。体液サンプルからの total RNA 精製は不要です。Circulating マイクロ RNA をダイレクトに測定できます。

  • 幅広いサンプルに対応

    血清や血漿サンプルの場合、採血方法を問わず測定できます。EDTAカリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンリチウム、クエン酸ナトリウムを用いた採血されたサンプルでそれぞれテスト済みです(詳細はテクニカルノートをご覧ください)。

  • 簡単な操作でマルチプレックス測定

    FirePlex® 独自のパーティクル技術により、最大 68 種類のマイクロ RNA を1 ウェルで同時に測定できます。煩わしい繰り返し操作は不要です。

  • 測定項目の組み合わせは自由

    8 種類の便利なパネル製品をご用意。miRBase 21 に登録されているマイクロ RNA であれば最大 68 種類まで自由に組み合わせ可能です。完全合成マイクロ RNA にも対応できます。

  • 追加のコストは不要

    一般的なフローサイトメーター*で測定でき、専用機器は不要です。解析用専用ソフトウェアは無償でダウンロードできます。
    *受託測定サービスも承っています。
  • *Guava easyCyte Accuri C6, FACSCanto, LSRII and LSRFortessa 等でご使用いただけます。その他の機種についてはお問合せください。
FirePlex® マルチプレックス miRNA アッセイに関するお問い合わせはこちら

図:FirePlex® ワークフロー

ピックアップ情報

MicroRNA profiling direct from biofluids, using Firefly® particle technology Article
FirePlex® は、血清、尿、唾液などの biofulid サンプルから total RNA の精製無しで miRNA を測定できます(英文)
How does the FirePlex® miRNA assay work?  Article
FirePlex® マルチプレックス miRNA アッセイの各ステップの解説です(英文)
主なマイクロ RNA 検出アッセイ法 Article
FirePlex® を、RT-qPCR などの既存テクノロジーと比較しました
Benchmarking the FirePlexᵀᴹ miRNA assays Article
FirePlex® と既存法を比較したテクニカル・ノートがダウンロードできます(英文)
マイクロ RNA のバイオマーカーとしての応用 Article
miRNA のバイオマーカーとしての可能性と最近の知見をご紹介します
MicroRNAs in exosomes Article
エクソソームと miRNA に関する最近の知見をご紹介します
マルチプレックス miRNA サンプル・プロファイリング・サービス Article
サンプルをお預かりしての受託測定サービスも行なっています
感染症関連がんと miRNA Webinar
マルチプレックス・アッセイを用いた miRNA プロファイリングについて解説した Webinar です(英語)
MicroRNA database and target prediction tool index Article
miRNA 関連データベースとターゲット予測ツールの紹介です(英文)
FirePlex® Analysis Workbench: software for FirePlex miRNA assays Webinar
FirePlex® 解析用ソフトウェア(フリーウェア)を解説した Webinar です(英語)

分野別パネル製品

疾患関連パネル
精神・神経疾患関連 Neurology V2 循環器疾患関連 Cardiology V2 がん関連 Oncology V2 免疫疾患関連 Immunology V2
毒性関連パネル
肝毒性用 Liver Tox V2 腎毒性用 Kidney Tox V2 ラット膵臓毒性用
Pancreatic Toxicity
ラット心毒性用
Cardiac Toxicity

使用文献・参考文献

FirePlex® が使用された文献
​Adams BD et al. (2015). miR-34a Silences c-SRC to Attenuate Tumor Growth in Triple Negative Breast Cancer.​ Cancer Res. 2321:2015.
Flowers E, Gadgil M, Auoizerat BE, Kanaya A (2015). Circulating microRNAs associated with glycemic impairment and progression in Asian Indians. Biomarker Research, 3:22.
Flowers E et al. (2015). Circulating microRNA-320a and microRNA-486 predict thiazolidinedione response: Moving towards precision health for diabetes prevention. Metabolism S20026-0495(15)00156-0. 
Glineur SF, De Ron P, Hanon E, Valentin JP, Dremier ​S, da Costa AN.​ ​Paving the route to plasma miR-208a-3p as an acute cardiac injury biomarker: preclinical rat data supports its use in drug safety assessment (2015). Toxicological Sciences, kfv222.
Hoss AG et al. (2015). miR-10b-5p expression in Huntington's disease brain relates to age of onset and the extent of striatal involvement. BMC Med. Genomics 8.1, 10.​
Joerger M et al. (2014). ​​Circulating microRNA profiling in patients with advanced non-squamous NSCLC receiving bevacizumab/erlotinib followed by platinum-based chemotherapy at progression (SAKK 19/05).​
Khodakov D, Wang C, Zhang DY (2016). Diagnostics based on nucleic acid sequence variant profiling: PCR, hybridization, and NGS approaches.​ Adv Drug Deliv Rev. S0169-409X(16)30104-1.
Minh TN. Le Hamar P, Guo C, Basar E, Perdigão-Henriques R, Balaj L, Lieberman J (2014). miR-200 in extracellular vesicles promotes metastasis of breast cancer cells. JCI 124(12), 5109-5128.​
Momen-Heravi F et al. (2015). Increased number of circulating exosomes and their microRNA cargos are potential novel biomarkers in alcoholic hepatitis.​ J Transl Med. ​12;13:261.
Powell J et al. (2016). A cytometry microparticle platform approach for screening tobacco microRNA changes after agrobacterium delivery. Journal of Microbial Methods 127: 230-235.
Ren V, Ambros VR (2015). Caenorhabditis elegans microRNAs of the let-7 family act in innate immune response circuits and confer robust developmental timing against pathogen stress.​ Proc Natl Acad Sci USA 5;112(18).
Ren V et al. (2016). Staufen Negatively Modulates microRNA Activity in Caenorhabditis elegans.​ G3 (Bethesda) ​3;6(5):1227-37.
Sandhu SK, Fassan M, Volinia S, Lovat F, Balatti V, Pekarsky Y, Croce CM (2013) B-cell malignancies in microRNA Eμ-miR-17~92 transgenic mice, PNAS 5, 110(45), 18208.​
Shiu PK, Zhuang JJ, Hunter CP (2014). Assays for direct and indirect effects of C. elegans Endo-siRNAs. Methods Mol. Biol. 1173, 71-87.​
Telonis AG et al. (2015). Dissecting tRNA-derived fragment complexities using personalized transcriptomes reveals novel fragment classes and unexpected dependencies. Oncotarget 22;6(28): 24797-822.
​Zhang Q et al. (2014). Molecular analyses of 6 different types of uterine smooth muscle tumors: Emphasis in atypical leiomyoma. Cancer​ 15;120(20):3165-77.
Zinovyeva AY, Bouasker S, Simard MJ, Hammell CM, Ambros V (2014). Mutations in conserved residues of the C. elegans microRNA Argonaute ALG-1 identify separable functions in ALG-1 miRISC loading and target repression. PLoS Genet. 23, 10(4): e1004286.​
Zou L et al. (2016). Splenic RNA and MicroRNA Mimics Promote Complement Factor B Production and Alternative Pathway Activation via Innate Immune Signaling. J Immunol. ​15;196(6):2788-98.
FirePlex® テクノロジーに関する文献
Appleyard D, Chapin SC, Srinivas R  and Doyle PS (2011). Barcoded hydrogel microparticles for protein detection: synthesis, assay and scanning. Nature Protocols 6, 1761.
Chapin SC and Doyle PS (2011) Ultrasensitive multiplexed microRNA quant on encoded gel microparticles using rolling circle amplification. Analytical Chemistry 83, 7179.
Chapin SC, Pregibon DC and Doyle PS (2009). High-throughput flow alignment of barcoded hydrogel microparticles. Lab on a Chip 9, 3100.​
Chapin SC, Pregibon DC and Doyle PS (2011). Rapid microRNA profiling on encoded gel microparticles. Agnew Chem Int Ed 50, 2289.
Dendukuri D, Pregibon DC, Collins J, Hatton TA and Doyle PS (2006). Continuous-flow lithography for high-throughput microparticle synthesis. Nature Materials 5, ​369.​​
Pregibon DC and Doyle PS (2009). Optimization of encoded hydrogel particles for nucleic acid quantification. Analytical Chemistry 81, 4873.
Pregibon DC, Toner M and Doyle PS (2007). Multifunctional encoded particles for high-throughput biomolecule analysis. Science 315, 1393.​

メールマガジン 17.9.6 イムノアッセイ がん免疫 ES細胞から血球分化

1. マルチプレックスから ELISA へ

イムノアッセイも抗体のエキスパートであるアブカムにお任せください。

記事を読む ≫

2. がん免疫ターゲット

PD-L1 をはじめとした注目ターゲットとその関連製品をまとめました。

製品を探す ≫

3. ヒト ES 細胞から血球細胞への分化誘導

用いるサイトカインと共培養フィーダー細胞をご紹介します。

記事を読む ≫


関連リンク


アブカムではこのようなメールマガジンを約週 1 回のペースでお送りしています。
  • 購読をご希望の方はメールでお知らせください。
  • メールマガジンのバックナンバーはこちら
  • メールマガジンよりも情報が早いツイッターはこちら

More Entries

登録